キーやメガネなど、貴重品を保管する秘訣は「定物定位」


これは車中泊に限ったことではないのだが、モノを失くさない秘訣は、決まったものを決まった場所に必ず片付ける「定物定位」という「掟」にある。

貴重品ケース

この折りたたみ式のケースというかポーチのようなアイテムは、言わずと知れた100均商材だが、我家では就寝前に大事な貴重品を保管する「金庫」なのだ。

折りたたみラック

車中泊時に失くすと厄介なモノといえば、まずはクルマのキーだが、それ以外にメガネ・財布・時計といった貴重品が挙げられる。特に家族が同伴する場合、夜間にトイレに行くなどの理由から、キーをすぐわかるところに収納しておくのは大事なことだ。

折りたたみポーチ

我家にこの「掟」が定められてから既に20年近くになるのだが、実はこれを使うまで、筆者はテントの中でメガネをよく見失ったり、気づかぬうちに歪めてしまったりした。

だが、使用以降はまったくそういうことがなくなった。100円ながら、損失を未然に防いでくれたという意味では、その効果は計り知れないものがある。サッカーでいえば、ガンバ大阪の今野のような存在だ(笑)。

折りたたみポーチ

 ただし、使用の際にはひとつ大事なことがある。
それはこの折りたたみラック自体の「定位」を決めること。ラックを失っているようでは本末転倒、笑い話になってしまう。

実使用レポートのインデックスページへ。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー