オートパッカーに適したクルマ


 

ホームページの「オートパッカーとは…」の中でも書いている通り、このスタイルでクルマ旅をするには、着替えとキャンピングギアに加えて、釣り道具や登山用品を積んだまま車中泊ができる圧倒的な荷物搭載力を持ち、かつバックドアキッチンが組めるクルマが必要だ。となると、必然的に車種は決まってくる。

 

フレンディー

ひとつは、ベッドスペースが拡張できるポップアップルーフを搭載したミニバンである。これなら、仮に後部座席が荷物だらけでも屋根裏部屋で寝ることができる。ただし、現在は自動車メーカーから発売されてるモデルがないため、なかなか実物を見て検討することができない難点がある。
説明が
長くなるので、ポップアップルーフのメリットとデメリットは別記事にまとめてある。興味があればそちらを参考にしていただきたい。

ポップアップルーフ車の使い心地

ハイエース

 もうひとつは、トヨタ・ハイエースや日産・NV350(キャラバン)を筆頭にしたバンタイプだ。実際に筆者はフレンディーの次にハイエースのスーパーGLを経てデラックス・ロングバンベースのキャンピングカーを使用しているのだが、その最大の理由は、室内利用の自由度にある。

ハイエースバン

3.5ナンバーの普通車に比べて、4ナンバーのバンは「荷室」となる室内空間をかなり自由にアレンジできる。

ハイエース収納

 これは筆者が企画したハイエース・スーパーGL「オートパッカー・モデル」のベッドスペース。50センチほど中にセットインすることで、リアにはバックドアキッチンのスペースを確保し、ベッドの下には広大な「床下収納庫」を設けている。また右のタイヤハウスのデッドスペースにはサブバッテリーを配した。

セカンドシート

ベッドの一部を兼ねるセカンドシートを起こせば、荷物を積んだままでお弁当などが食べられるダイネットになる。

バックドアキッチン

こちらがバックドアキッチン。中では調理ができないが、雨天時や寒い日はここで調理して、中で食べることはできる。

ハイエースベッドキット

もうひとつハイエースを推すのには理由がある。元々このクルマは、サーフィンや釣り、カヌー、自転車などを趣味にするアウトドアーズマンから高い支持を受けてきた。そのため、既に数多くの車中泊グッズの既成品が発売されている。その顕著な例がベッドキットだ。

 車中泊愛好家の中には、お手製ベッドキットを搭載している人も多いようだが、改造に関する法律をよく知らないままDIYをすると、車検に通らない場合がある。しかし既成品にはその心配がないので安心して使える。

なお、ハイエースに関するよく詳しい情報は、以下のページを参照いただきたい。改造に関しても解説している。

ハイエースの魅力

ファミリーワゴン

最後に、ハイエースといえども家族4人就寝を可能にするには2段ベッドになるため、対象は「小学生中学年」くらいまでになるかもしれない。もちろんこれらにポップアップルーフが搭載されているモデルもあるが、かなりの高額になるだろう。

オートパッカー メソッドに戻る

アイデア集のインデックスページはこちら。

グッズ紹介のインデックスページはこちら。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー