平湯温泉・あかんだな駐車場の賢い利用法 2018年4月更新

車中泊禁止の「あかんだな駐車場」は、奥飛騨温泉郷の恥

という記事を書くほど、筆者はこの駐車場の管理体制をバカにしているのだが(笑)、そんな「あかんがな駐車場」にも、いいところがないわけではない。

そこでここでは、ちょっとお得な上高地へのアクセス方法を紹介しよう。

奥飛騨温泉郷の平湯温泉から上高地に行くには、有料の安房トンネルを通るのが普通だ。通行料金は普通車で770円(2018年4月現在)、往復すると1500円近い出費になる。

中には旧道の安房峠を通るという人もいるだろうが、キャンピングカーにはとてもお勧めできる道じゃない(笑)。

だが、不思議なことに…
安房トンネルを通らない沢渡地区から上高地までのシャトルバス料金と、安房トンネルを通るあかんだな駐車場からのバス料金は、同額の往復2050円だ。

ちなみにタクシーの定額制では、トンネル料金は「別途」。ということは、バス料金には有料トンネル代がまったく反映されていないことになる。

 

その嬉しいサービスを実施しているのは、写真の濃飛バス。「あかんだな駐車場」がそんな気の利いたことをするはずがないのだが(笑)。上高地行きのバスターミナルは「あかんだな駐車場」にある。

結論は、東海北陸自動車道で上高地を目指すのなら、奥飛騨温泉郷にある「あかんだな駐車場」から濃飛バスに乗って行くほうが、高速代が安いうえに安房トンネル代もかからない。

たしかに車中泊環境は、沢渡第2・第3駐車場のほうが格段にいい。

だが、アルピニストのように早朝の便に乗るわけでなければ、「道の駅・奥飛騨温泉郷上宝」で車中泊し、目が覚めてから「あかんだな駐車場」に入ればいい。

また、「あかんだな駐車場」の開門後にすみやかに移動するなら、平湯バスターミナルの駐車場でも「時間待ちのための仮眠」が許されている。

さらに「あかんだな駐車場」が閉鎖する冬季は、平湯バスターミナルが始発地になり、その無料駐車場を終日利用させてくれる。釜トンネルから上高地のスノートレッキングに行くなら、現在はこの方法がベストだろう。

なお、奥飛騨温泉郷にコンビニはない。道の駅の近くにAコープはあるが、前泊する場合は営業時間には間に合うまい。上高地に行く際は、現地での食料に当日の朝食まで用意していくことをお勧めする。

上高地キャンプ&トレッキングガイド トップページへ

乗鞍高原・上高地の車中泊スポット一覧はこちら

車中泊で旅する「奥飛騨温泉郷の居心地度」をチェック!

スポンサードリンク