上高地 森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場) 実泊レポート


上高地バスターミナルから河童橋方面に800メートルほど進んだ、上高地ビジターセンターの前に広がる林間の広場が小梨平キャンプ場だ。

筆者はロッジ(A型キャビン2階建て)に1回、キャンプサイトには2回泊まっているが、初めて訪れた頃は「小梨平野営場」、その後「小梨平キャンプ場」になって、現在は「森のリゾート小梨」に名前が変わっている。

森のリゾート小梨(もりのりぞーとこなし)
TEL : 0263-95-2321(※冬期0263-94-2536)

リュック

まず大事なことは、上高地は通年のマイカー規制が実施されており、このキャンプ場を利用するには、リュックサック等にキャンピングギアと食糧を詰め、シャトルバスかタクシーを利用しなければならない。

ただし、上高地のバスターミナルまで来れば、リヤカーを借りてキャンプ場まで荷物を運ぶことができる(有料300円)。

なお、上高地は一度入山したら、簡単に買出しには出られないので、自炊をするなら食糧は予めすべて持参する必要がある。

小梨平キャンプ場

嬉しいことに、人気オートキャンプ場が超満員となるお盆でも、不便で予約もできないこのキャンプサイトだけは比較的空いている。その意味ではまさに穴場。

トイレ 小梨平

しかも水洗トイレと綺麗な炊事棟、さらにはゴミ箱に食堂、お風呂までが完備されており、設備は「高規格」と呼べるレベルにある。それが、大人1人1泊たったの800円で利用できるのだから驚きだ。

直火の焚火 小梨平キャンプ場

焚火(直火)が許されているというのも嬉しい。

炊事棟

炊事棟の水は夏でも刺すような冷たさ。ゴム手袋が役立つ。

サイト

サイトは備え付けのテーブルの周辺から埋まるが、数が少ないので、夫婦なら独占せずに同席で半分づつ使うといった配慮が好ましい。

ただしその周辺は窪地になっており、雨が降ると水溜りになりやすいので注意が必要だ。また、遊歩道に近い場所は、日中は観光客からサイトが丸見えになる。

小梨平キャンプ場

梓川側にもテントが張れる場所がある。

小梨平キャビン

なお、ここには綺麗なロッジ(現地ではケビンと呼んでいる)もあるので、キャンプの経験がない人でも利用することができる。ちなみに料金はひとり6000円~(季節によって料金は変動)。こちらは予約が必要だ。

ゴアライト

最後に…
筆者がこのキャンプ場を推奨する理由はもうひとつある。

ここは穂高や槍ヶ岳を目指す登山者も利用するため、ファミリーキャンパーが普段なかなか見ることのできない、コンパクトで実用性を重視したアルペン・キャンプと間近に接することが可能だ。

それは、今のスノーピークが展開している「別荘」ライクなキャンプとは、真逆の位置にあるようにも思えるのだが、実は本質は似たようなところにあるのだと思う。

わかりやすくいえば、別荘キャンプはナチュラル思考、アルペン・キャンプはネイチャー思考で、どちらも「自然」を求めている。それはキャンピングカーでいえば、モーターホームとオートパッカーの違いにも共通している。

 上高地キャンプ&トレッキングに戻る

当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容が、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。ブログを書き続ける励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする