上高地温泉ホテル 上高地で外来入浴のできる宿


上高地のような観光地で、外来入浴を受け付けてくれる施設なんてあるの? 筆者も最初はそう思っていた。
だが、上高地の公式ウェブサイトを見ると、意外にもその数は多く、料金もほとんどが1000円以下とこなれている。

上高地の外来入浴施設リスト

河童橋

河童橋といえば、雄大な穂高連峰と澄みわたる梓川を眺望する上高地きってのビュースポットだが、標高1500メートルのこの地に、江戸時代創業の歴史を持つ温泉宿があるのをご存知だろうか。

温泉博士

上高地温泉ホテルは1830年の創業当時は上口湯屋(かみぐちゆや)と呼ばれ、当地で最初に開かれた温泉を今も守り続けている。そんな老舗が、温泉博士に出ていたりするからビックリポンである(笑)。

大浴場

敷地には3本の源泉があり、ラジウムを含む単純温泉がかけ流される大浴場と露天風呂は、日帰り入浴が可能だ。まさに自由奔放なクルマ旅の特権を生かす「極みの湯」である。

露天風呂

ただし利用できる時間帯が短いので、あらかじめ入浴を予定していないと、すぐに間に合わなくなる。

【利用データ】
1. 営業期間:4月27日~11月14日
2. 営業時間:7時~9時、12時30分~15時(閉館)
3. 定休日:期間中無休
4. 入浴料:大人800円・小学生400円

〒390-1516 長野県松本市安曇上高地4469-1
0263-95-2311

受付

コインロッカーは着替え程度しか入らないが、リュックやカメラバッグは、温泉の受付で預かってもらえる。

【施設概要】
 ●泉質 :単純温泉
●お湯:源泉かけ流し
●お風呂:内湯男女各1、露天風呂男女各1
●休憩スペース :なし
●飲食施設:あり
●駐車場 :なし(上高地はマイカー乗り入れ禁止)
●シャンプー・石鹸等:あり(無料)
●ドライヤー:あり(無料)

 
上高地キャンプ&トレッキングガイド トップページへ

スポンサードリンク