嘉門次小屋の岩魚のお味は?


国の登録有形文化財に登録されている嘉門次(かもんじ)小屋を理解するには、まず最初の主である上條嘉門次のことを知る必要がある。

カモシカ

上条嘉門次は元々上高地で杣(そま)・山見廻り人夫・猟師をしていた人物で、30歳を越えた頃に明神池畔に小屋を建て、狩猟を生活の中心に据えたという。

ウェストン

夏にイワナ、冬にカモシカ、クマなどを獲って生活していたが、45~46歳の時に日本近代登山の父、ウォルター・ウェストン夫妻を北アルプスへ案内したことで一躍有名になった。その口癖は、「山はネコのように歩け、石一つ落とすな」だったという。

嘉門次小屋メニュー

山小屋としての嘉門次小屋の営業は1925年(大正14年)から。息子の妻が始めたそうだが、本格的な営業は1966年(昭和40年)、現在の当主である嘉門次のひ孫の代からだそうだ。

嘉門次小屋

今では上高地の憩いの場として、創業当時の面影を残した囲炉裏で焼く岩魚の塩焼きが人気を呼んでいる。

TEL : 0263-95-2418 (※冬期 0263-33-8434)
業時間:8時30分 〜 16時30分
■ 岩魚の塩焼き 1,000円
■ 岩魚の塩焼き定食 1,600円

嘉門次小屋 テラス

さて。焼かれて出てくる岩魚は、残念ながら「養殖」。
そりゃ、あれだけの数の岩魚を天然で揃えることなど不可能に違いない。まさに飛ぶように売れていくのだから(笑)。

岩魚定食

これで1600円は、正直云って高いと思う。
だが、考えて見ればどこもが観光地価格なわけで、嘉門次小屋が際立って高いわけじゃない。少し凝った昼食は、このくらいが「相場」なのだろう。

骨酒

なお、渓流釣りをする人間にとっては常識だが、岩魚はそれほどウマイ魚ではない。筆者は明らかに鮎・アマゴのほうが美味だと思っている。

岩魚で美味しいのは、小さなサイズをカリカリに焼いて熱燗に浸した「骨酒」だ。素晴らしいダシが出るので、ワンカップ大関のような安酒で作るほうがいい。

上高地キャンプ&トレッキングガイドに戻る

信州・長野県のクルマ旅情報はこちらのページで。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー