寝心地抜群の徳沢キャンプ場 上高地 


徳沢キャンプ場の寝心地の良さには訳がある。
かつてこの地は牧場だった。明治18年に開拓された上高地牧場には、最盛期には400頭ほどの牛馬がいたというが、時代とともに牧場の維持が難しくなり、場所を移し広さを変えながら、昭和4年にこの徳沢の地に落ち着いたそうだ。

その際に牧場の番人小屋として建設されたのが、現在の徳澤園の前身だという。

徳沢キャンプ場

しかし、その後も経営状況は芳しくなく、ついに昭和9年に牧場は閉鎖される。そして跡地はキャンプ場に、小屋は登山者向けの休憩舎になった。

氷壁

その後、休憩舎は昭和25年に徳澤園として本格的な山小屋の創業を始める。そして昭和31年に前穂高岳を舞台にした山岳小説「氷壁」(井上靖)が発表されると、その名は全国の登山ファンに知られるようになった。

徳沢園

徳澤園は現在でも、蝶ヶ岳や穂高、槍ヶ岳の登山口として登山者に愛好されている。

バックパック

では、その歴史ある徳沢キャンプを紹介していこう。
まず上高地のバスターミナルからは約6キロ。ただし道はほとんどアップダウンがないので、60リットルクラスのリュックを背負っても、寄り道をしなければ90分ほどで到着する。

炊事棟

キャンプ料金は大人700円・小人500円。キャンプの予約は不要で、きれいな水場とトイレが使える。ここまでは小梨平キャンプ場と大差はないが、ゴミは全て持ち帰りで食材の販売もない。代わりに徳沢園の「みちくさ食堂」で、定食やビールが注文できる。ここまで来ると、一番軽くて役立つキャンピングギアは「マネー」になるかもしれない(笑)。

なお、お風呂は「徳沢園」ではなく、近くに建つ市営の「徳沢ロッヂ」を利用する。徳沢ロッヂは2015年に全館建て直しの工事を行っており、2016年春にリニューアル・オープンされる見通しだ。

徳沢ロッヂの詳細情報はこちら。

徳沢キャンプ場 キャンプサイト

サイトは「ハルニレの高原」という表現がピッタリくる景観だ。地面は草地で柔らかいが、年数が経過しているため、ここが牧場の跡地だというのは聞かなければ気づかない。水はけもまずまずで、寝心地は上高地では一番いいと思う。ただし照明は一切ないため、夜間はヘッドライトか懐中電灯が不可欠だ。

また、混んでくると四方を他人のテントに囲まれて、自分のテントがわからなくなるかもしれない(笑)。モンベルやアライテントの人は、よく目立つ目印を用意していくほうがいいだろう。

 
上高地キャンプ&トレッキングガイド トップページへ

スポンサードリンク