乗鞍高原温泉の日帰り温泉施設  湯けむり館


1990年に開業し、以来乗鞍高原を訪れるハイカーや、スキーヤーの疲れを癒し続けてきた名湯。硫黄臭を伴う白濁のお湯を持ち、車中泊ができる乗鞍観光センターと、白骨温泉に通じる乗鞍スーパー林道のゲートに隣接する好立地にあることから、筆者も開業間もない頃から幾度もここを利用してきた。

湯けむり館 旧館

 

湯けむり館のストーブ

こちらは休憩室の中央に置かれていた大きな薪ストーブ。雪の降らない京阪神では目にすることのない代物を、子供たちが不思議そうに見ていたことを思い出す。

湯けむり館 リニューアル

それが、ある日クローズドしていた… 設備が老朽化し、2013年4月にリニュアルオープンするという。

湯けむり館 新館

翌年、再び乗鞍高原に足を運ぶ機会に恵まれ、真新しくなった湯けむり館を訪ねてきた。
意外なことに、施設は建て替えではなく、道路向かいにある駐車場の奥に新規の建物として作られていた。外観はガラス張りのモダンなデザインで、外には「足湯」もある。また併設するレストランPRIMAVERAは、パスタとピザに力を入れているようだ。

湯けむり館

だが残念なことに… 以前に比べて新館のお風呂は、内湯が約3分の2、露天風呂に至っては3分の1ほどの大きさになり、どちらも石のタイル貼りの湯船になっていた。

確かにキレイにはなったが、そのぶん風情が失われてしまった感は否めない。かつての檜の内湯と、広い浴槽に乳白色の湯がなみなみと満ちた休館を惜しむ声も多いだろう。

またこの規模では、ハイシーズンにはかなりの待ち時間が出ると予想される。

乗鞍高原温泉郷

ちなみに、乗鞍高原温泉郷には公共施設の湯けむり館より安い料金で外来利用のできる温泉宿がたくさんある。休暇村もそのひとつだが、筆者が勧めるのは、のりくら温泉とわさび沢温泉の2つのお湯が520円で楽しめる山水館信濃だ。

山水館信濃 温泉

乗鞍高原 湯けむり館
 〒390-1513 長野県松本市安曇鈴蘭4306-6
 ☎0263-93-2589

施設概要
オープン 1990年・2013年リニュアル
公共日帰り温泉施設
単純硫黄泉(硫化水素型)
源泉加熱・かけ流し
露天風呂 あり
家族風呂(個室) なし
鍵付きロッカー
石鹸・シャンプー あり
タオル・バスタオル なし
ドライヤー 無料
休憩スペース 無料
飲食設備 あり
宿泊設備 なし
駐車場 専用あり

【最寄りの車中泊スポット】
●乗鞍高原センター(隣接)
●道の駅風穴の里(約20キロ) 0263-94-2200

料金:大人720円(中学生以上)
営業時間:9:30~21:00 受付終了は20:00・毎月第3火曜日または第4火曜日定休

乗鞍高原の詳細ページに戻る

車中泊で温泉旅 奥飛騨温泉郷特集ページへ
車中泊で温泉旅 奥飛騨温泉郷特集ページ

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー