「坂本龍馬の使った部屋」が今も残る 京都 酢屋


坂本龍馬ファンが京都で訪ねる定番スポットといえば、霊山護国神社にあるお墓と、伏見の寺田屋、そして残念ながら石碑しか残っていない近江屋跡ということになりそうだが、見落として欲しくないのが「酢屋」である。

酢屋

「酢屋」は1721年(享保6年)から続く材木商で、現在の当主は10代目に当たる。龍馬の時代は6代目嘉兵衛が当主で、大坂から伏見・京都へと通じる高瀬川の輸送権を持ち、運送業もこなしていた。

龍馬通り

当時の「酢屋」の前は、高瀬川の舟入になっており、川沿い並ぶ各藩邸との折衝や、要所との連絡には格好のロケーションであった。
嘉兵衛は龍馬の活動に理解を示すパトロンのひとりで、その援助を受けて、龍馬は酢屋の二階に「海援隊京都本部」を置き、陸奥宗光らと暗殺される直前までここに身を寄せていた。
その部屋は保存を意図した何度かの改装を経て、現在は「ギャラリー龍馬」という名で、残された遺品を展示する「博物館」になっている。

酢屋

ギャラリー龍馬の入場料は通常500円。展示品の数からすると割高感は否めないが、龍馬フリークにとって、11月15日の命日前後約2週間だけ公開されるという追悼展は見ものだろう。期間中は竜馬暗殺直後の様子が詳しく記された貴重な文献「海援隊日記」(コピー)が展示される。ただし、この時は入場料が600円になる。

寺田屋

薩長同盟を成立させた坂本龍馬は、酢屋に移り住む前から幕府に命を狙われる厄介者であったわけだが、寺田屋で伏見奉行所に襲撃された際に、抵抗して役人に怪我を負わせてしまう。だが、それは幕府にとって、龍馬を「厄介者」から「犯罪人」に仕立てあげる格好の理由となった。

暗殺

そして1867年11月15日、たまたま酢屋ではなく、わずか数百メートル離れた河原町通り沿いの近江屋にいた龍馬を、刺客が襲う。

龍馬亡き後、
もし幕府に匿っていたことが発覚すれば、さすがの酢屋とてタダでは済まされない危険がある。ということで、酢屋はその証拠になりそうな資料を全て燃やしてしまった… 今思えば「ああ、お宝が~!」ということになるが、当事者からすれば致し方のない話だ(笑)。

坂本龍馬

それから60余年が過ぎた1933年(昭和8年)、酢屋2階の修復の時に、その天井裏に隠すように置かれていた『海援隊日記』が発見された。そこには、龍馬暗殺時の状況や犯人に関する情報集めに、残された隊士たちが奔走する様子などが、細かく記載されている。もちろん酢屋にあるのはそのコピーで、多分本物は江戸東京博物館にある。

酢屋
京都府京都市中京区河原町通三条下る大黒町47
☎075-211-7700

 

「週末1泊2日 京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅ガイド」はこちら

「車中泊で辿る、坂本龍馬の足跡」 トップページはこちら

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー