2018年5月に誕生。乗鞍高原のオートキャンプ&車中泊スポット「乗鞍BASE」

乗鞍高原にはキャンプ場が2ヶ所あるが、長きに渡り、いずれもテントサイトにクルマが横付けできる、いわゆる普通のオートキャンプ場ではなかった。

写真は「かつて」の、いがやレクリエーションランド「モーターキャンプ」。RVパークの走りともいえる、テント泊お断りのキャンピングカー専用サイトだったが、明らかにスキー客を意識しているようで、いかんせんコスパが悪く、グリーンシーズンにこの設備では、「観光地価格」といわれても仕方がないような施設だった。

しかし2018年5月、そのイメージを根底から覆す一大リニューアルが完結した。

敷地にはキャンピングカーサイトとオートキャンプ場があり、ハイエースクラスの車中泊旅行者は、どちらも利用できる。

砂利が敷き詰められ、電源が用意されたキャンピングカーサイト。キャンピングトレーラーやAクラスの大型キャンピングカーでも余裕で使える広さを持つ。

電源の位置から見たサイトの全景。広い駐車スペースの先にはトイレと芝生広場が見える。利用料金は1泊3000円。おそらく電源代は別途必要になると思うが、云ってみればフリーサイトのようなものだ。

こちらがオートキャンプ場。サイトは全て区画で写真は電源サイト。料金は1泊5000円+電源使用料600円。乗鞍岳の景色が素晴らしく、テレビや雑誌のロケ地にも適していることから、マスコミによる露出が期待できる。

加えて、夏は標高が高くて涼しいだけに、たちまち「予約殺到」になりそうだ。

場内にはファミリー向けの遊び場が充実しており、いよいよ「リクレーションランド」らしさが備わってきた。ここはスキーリゾートとしての経験があり、チャラチャラしてないのがいい。

時流からすれば「グランピング」をやってもおかしくないように思うが、厳しい自然環境に立地しているだけあって、そこはちゃんとツボを押さえているようだ。見掛け倒しが通用するほど、ヤワなフィールドではないと筆者も思う。

まあ、中高年が行く行かないは別として、乗鞍高原に「なかったもの」ができたことは素晴らしい。これを機会に、コンビニのひとつでも出来てくれるとありがたいものだ(笑)。

スキーと登山、そして温泉の宿泊客で栄えてきた乗鞍高原には、「食料調達がしずらい」という難点がある。近くにはスーパーマーケットどころかコンビニもない。

ちなみに比較的大きなスーパーは、松本方面に向かって30キロ近く走った、松本電鉄・上高地線の「波田」駅手前の「デリシア」。国道158号沿いの波田町役場交差点を右折し、踏切を超えたスグのところにある。

いがやレクリエーションランド
☎0263-88-0300

乗鞍高原・上高地の車中泊スポット一覧はこちら

車中泊で旅する「奥飛騨温泉郷の居心地度」をチェック!

スポンサードリンク