どっちがマナー違反? 道の駅・奥飛騨温泉郷上宝と車中泊 2018年4月更新

道の駅・奥飛騨温泉郷上宝は、奥飛騨温泉郷にある唯一の道の駅だが、高規格オートキャンプ場に隣接しており、ここでの車中泊に違和感を覚える住民や旅行者は少なくあるまい。ゆえに、やむなき場合時の利用にとどめておくのが大人の配慮というものだ。

ただし、それは常識が通用する旅先においての話である。

『車中泊禁止の「あかんだな駐車場」は、奥飛騨温泉郷の恥』という記事で書いた通り、上高地から北アルプスに向かうマイカー登山客の中には、午前中から山に登るため、前夜にクルマを飛ばして平湯までやってくる人が少なくない。

だが、そのための専用施設であるはずの「あかんだな駐車場」のゲートは夜間閉鎖されており、午前3時30分まで入場することができない。

その対応策として、開場までは平湯バスターミナルでの仮眠が許可されているわけだが、それでは登山者が睡眠不足になってしまう。

睡眠不足を解消し、良いコンディションで山に向かうためには、この道の駅で夜が明けるまで車中泊をする以外の最善策は見当たらない。

さて。上の写真は道の駅・奥飛騨温泉郷上宝の休憩所を兼ねた情報室だが、2018年のゴールンウィーク初日に訪ねた時には、驚いたことに「奥飛騨温泉郷の旅館・日帰り温泉に関するパンフレット」は一枚たりとも置いてなかった。隣県の乗鞍岳のパンフはあるのに?だ(笑)。

常識的には、誰が見ても「逆」。マイカーで現地を訪れる旅行者のために、地域のPRをするのは国交省が掲げる道の駅の役割のひとつである。

さらにもうひとつ。こちらは道の駅に最寄りの温泉「荒神の湯」の駐車場。通行フリーな空間に、あえてハイルーフ車やルーフキャリアを積んだクルマだけを、入場できなくするための細工が施されている(笑)。

もうお分かりの通り、道の駅を含めて奥飛騨温泉郷では、車中泊ができる背の高い車両で旅を楽しむ人を歓迎していない。そう、キャンピングカーに乗る貴方のことだ(笑)。

すなわち、キャンピングカーのオーナーは、ここでは謂れのない「差別行為」を否応なしに受ける。それは「基本的人権の侵害」には抵触しないのか?

しかし、だからといって道の駅で車中泊がしづらいわけではない。

敷地内には3軒の食事処も揃っている。まわりに店がないので、これは旅人にも嬉しいことだが、「シャモ・ホルモン・イワナの炭火焼き」は、飯のおかずというより、農家のオヤジにとってもちょっと素敵な酒の肴だ(笑)。

とどのつまり、「飲んだ人は寝て帰れ!」が暗黙のうちに成立する。しかも飲んだ人がどこから来ようが関係ない。そのうえ隣はオートキャンプ場なので、なんとなく筋も通っている(笑)。

こうしてみると、筆者にはさきほどの「差別」が、「この地域住民全体の意思」ではなく、「何某かの圧力」によるものだと思えてくる。草津温泉もそうだが、温泉地における「旅館組合」の力は絶大だ。

とりあえず、ここではさらに車中泊・キャンピングカーのイメージを失墜させる行動をとるのは愚かだ。それは「抵抗勢力」に「ごちそう」をわざわざ与えてやることにほかならない。

たとえば、明るい時間から駐車場に居座り、人の気配はあるが、動く様子のないクルマ。またバックドア下やスライドドア脇で自炊をしている姿。それはまさしく「抵抗勢力が期待している姿」以外の何者でもない。

だがそんなことをせずに、道の駅に泊まりながら車中泊の旅ができる人は山ほどいるし、本来それが理想的にできるクルマをキャンピングカーと呼ぶ。

ゆえに筆者は買い替えたし、同じような人が日本中に溢れている。そういう健全なクルマ旅の旅行者を迫害するのは、本末転倒も甚だしい。

幸いなことに、軽やミニバンで自炊と車中泊をしながら奥飛騨温泉郷に滞在するオッチャン達は、今「荒神の湯」の無料駐車場の居心地がいいらしい。

そして荒神の湯の駐車場管理者は、「2時間以上駐車禁止」と自らが定めたルールを破られているにもかかわらず、その駐車場で車中泊をし続ける輩を排除しないのに、キャンピングカーは差別しつづける…

いつかは、この矛盾が「抵抗勢力」の命取りになるだろう。

いつまでもバカにするなよ、俺たちを! 

道の駅・奥飛騨温泉郷上宝
〒506-1427 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷田頃家11-1

☎0578-89-3746

【道の駅奥飛騨温泉郷上宝 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△ 普通車:29台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=×
5.付帯設備の充実度=○

最寄りの温泉・入浴施設
■名前:奥飛騨ガーデンホテル焼岳
■☎:0578-89-2811
■料金:大人700円
■営業時間:12:00〜21:00(閉館22:00)
■定休日:無休(繁忙期は日帰り入浴の出来ない時間帯あり)

乗鞍高原・上高地の車中泊スポット一覧はこちら

スポンサードリンク