紅葉の金閣寺 その見どころと撮影ポイント


舎利殿「金閣」が特に有名なため、一般的に「金閣寺」と呼ばれているが、鹿苑寺(ろくおんじ)という正式名を持つ禅宗の寺院である。

金閣寺

「金閣寺」の元は、鎌倉時代の公卿・西園寺公経の別荘で、室町幕府三代将軍の足利義満がそれを譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされている。
将軍の邸宅とはいえ、当時の規模は御所に匹敵し、政治中枢のすべてがここに集約されていたというから驚きだ。

つまり、アニメでお馴染みの「一休さん」が、新左衛門に伴われて将軍様に謁見していたのは、ココということになる。実はその一休さんと足利義満の関係には「えっ!」と驚く説があり、金閣寺の説明よりも、よほどそちらのほうが面白いのだが、それはまた機会があれば書くとしよう(笑)。

さて。この寺院をきちんと理解するには、「金閣」と「金閣寺」を分けて知ることが大切だ。そこでまずは舎利殿「金閣」について詳しく説明していこう。

金閣寺

「金閣」は建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築で、1層は寝殿造りで法水院(ほうすいいん)と呼ばれ、 中央に宝冠釈迦如来像、向かって左に足利義満像が安置されている。
また2層は武家造りで潮音洞(ちょうおんどう)と呼ばれ、 岩屋観音像と四天王像が安置されている。

鳳凰

そして3層は禅宗仏殿造りで究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれ、そこに仏舎利を置いたから舎利殿と呼ばれた。ちなみに舎利殿とは、「仏舎利」を安置するお堂のことで、方形で中央に舎利塔を置く建物の総称である。
また屋根は、椹(さわら)の薄い板を重ねた柿葺(こけらぶき)で、上には鳳凰が飾られている。

金閣寺

煌びやかな「金閣」は、室町時代前期の北山文化を象徴する建築物とされているが、裏返せばそれは、足利義満が築き上げた強大な権力の証である。
一説によれば、山荘北山殿は極楽浄土をこの世に現したといわれており、どうやら「金閣」は鎌倉幕府から続く質実剛健な武士の文化を、華やかな都貴族の文化に融合させる舞台としての役割を担っていたようである。

鏡湖池

築後500年以上にわたって動乱や戦火を免れてきた「金閣」は、1950年(昭和25年)に、まさかの放火で焼失する。
だが、その5年後の1955年(昭和30年)に早々と再建され、1987年(昭和62年)には金箔の張替えと天井画の復元が行われた。そして迎えた1994年(平成6年)、ユネスコの世界文化遺産「古都京都の文化財」の構成資産として登録され、現在に至っている。

鹿苑寺

今度は「金閣寺」の話に移ろう。
山荘北山殿は、義満の死後、遺言によってお寺となり、禅宗の高僧で知られる夢窓国師を開山者として、義満の法号鹿苑院殿から二字をとった鹿苑寺と名づけられた。
現在は臨済宗相国寺派に属し、相国寺の山外塔頭として本山の僧侶が任期制をもって、その運営と後世への継承にあたっている。

金閣寺 紅葉

ここからはいよいよ「金閣寺」の見どころを紹介する。
まず紅葉だが、「金閣寺」で一番紅葉が美しいのは、総門から鐘楼にかけての一帯である。

金閣寺

残念ながら、紅葉がらみの「金閣」が撮れるいいポジションはない。

金閣寺

鏡湖池(きょうこち)に映る「逆さ金閣」。撮影ポイントは、通路が鏡湖池にぶつかる三叉路を、「方丈」と反対に曲がったところ。たぶんカメラマンが大勢いるのですぐに分かるはずだ。
言うまでもないと思うが、京都の大半の寺社では三脚の使用が禁止されているので、持参するだけ無駄になる。

方丈の松

帆掛船の形をした「陸舟の松」は、足利義満が自ら植樹したと伝えられており、樹齢はおよそ600年。

銀河泉

その他の足利義満ゆかりのものとしては、お茶の水に使ったと伝えられる銀河泉(ぎんがせん)と、手洗いに用いたと伝えられる厳下水(がんかすい)がある。 

金閣寺
603-8361京都市北区金閣寺町1
☎075-461-0013
拝観時間:午前9:00〜午後5:00
拝観料:大人(高校生以上)400円
駐車場
09:00-17:00  60分 300円

なお、駐車場を含むアクセス情報については、「きぬかけの路の歩き方」の記事に詳しく記載している。

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー