車中泊キャンプに使える、メッシュ・シェルター


近頃は「車中泊キャンプ」なる言葉があるらしいのだが(笑)、とりあえず意味はストレートにわかるので、今日はそのまま使用することにしよう。

ボンゴ・フレンディー

寝床がテントであれクルマであれ… キャンプ場に入れば大半のキャンパーはリビングを設営すると思うが、日本の気候風土に適しているのはタープやサイドオーニングではなく、シェルターであるのは云うまでもないことだ。
<参考>
『日本の自然』とシンクロするキャンプ。
ジャストフィットするのは、タープ? or シェルター?

では、通常のオートキャンプと車中泊キャンプの最大の違いはどこにあるのだろうか…

ハイエース キャンプ

それは持参できるキャンピングギアの量だ。車中泊では、「すべての荷物を積んだまま寝られる」ことが基本になる。なぜなら、前泊や長期の旅が前提になるからだ。

メッシュエッグ

ということは、必然的にキャンピングギアは収納サイズがコンパクトなものに限られてくる。ところが探すと、そういうシェルターというのはほとんどない。

サウスフィールド

このサウスフィールドのシェルター(スクリーン・テント)は、コンパクトに収納できるうえに、コスパに優れたお勧めの逸品である。

サウスフィールド シェルター

中はこのように広く、4人家族やグループで使用するには最適ともいえる。

 だが2人で使うには間を持て余してしまう。そのため撮影時には、必要以上にクルマから荷物を降ろさなければ空間が埋まらないという「特別な事情」が筆者にはあった(笑)。

メッシュシェルター 箱

そこでふたり旅用に白羽の矢を立てたのが、このスノーピーク社のメッシュシェルターだ。

メッシュシェルター 中

サイズは4人でちょうどよく、2人でも違和感は感じない。しかもスノーピーク製品にしては建て方も簡単。たったの3回で、初めて説明書なしに建てられた(大笑)。

コンパクトシェルター

こちらが収納時のサイズ。もちろん脚が入った茶色の袋も、赤の袋の中に収納できる。

Wizに収納

そして想定通り、キャンピングカーWizのテーブル下にきちんと収まった。こうできないと、ひと月以上に及ぶ夏の北海道取材には持っていけない。

GIコット

シェルターは冬だけでなく、暑くて虫が多い夏にも有効だ。

スノーピーク(snow peak) メッシュシェルター TP-920

実使用レポートのインデックスページへ。

車中泊のアイデア・インデックスページはこちら。


【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー