枯山水の石庭で有名な、「竜安寺」の紅葉


「龍安寺の石庭」で知られるこの臨済宗の禅寺は、室町幕府の管領で、応仁の乱の東軍総帥であった、細川勝元が1450年(宝徳2年)に創建したと伝わる。写真の枯山水の石庭は、それから約半世紀後の1499年(明応8)に、方丈の建立とあわせて造られたものらしい。というのは、作者・作庭年代は今なお不明のままである。

竜安寺の石庭

国の史跡・特別名勝に指定されているほか、1975年にエリザベス女王が日本を公式訪問した際に、絶賛したというこの石庭は「虎の子渡しの庭」、あるいは「七五三の庭」と呼ばれ、白砂に配置された15の石は、縁側のどこから見ても1つ足りない絶妙の配置になっている。

竜安寺方丈

本堂とも呼ばれる重要文化財の方丈は、最初の方丈が火災で失われた後、塔頭寺院の西源院の方丈を移築したもので、1606年(慶長11年)の建築物とされる。
本来ここには狩野派による71枚もの襖絵があったが、明治期の廃仏毀釈の困窮により、売却され散逸した。現在の絵は昭和に描かれたもので、画題も異なるらしい。

竜安寺の紅葉

方丈からは、石庭の横庭に映える紅葉も見られる。

知足のつくばい

石庭の反対側の庭先にある「知足のつくばい」。水戸光圀の寄進と言われ、真ん中の四角の穴は漢字の「口」を意味している。その周りの文字に「口」を加えて時計回りに読むと、吾→唯→足→知=「吾唯知足」の4文字熟語が完成する

「われ ただ たるを しる」というのは、「足る事を知る人間は、不平不満が無く、心豊かな生活を過ごせる」という意味を持つ、いわば悟りの境地なのだろう。

鏡容池 竜安寺

さて。面白いことに、古い旅行ガイドブックでは、その石庭や方丈よりも、この鏡容池(きょうようち)と呼ばれる広大な池に、大小三島を配し、衣笠山を借景とした池泉舟遊兼回遊式庭園のほうが有名だったようだ。

竜安寺垣

また竜「安寺垣」と呼ばれる竹編みの垣根が続く、山門までの参道も、紅葉が美しい撮影スポットである。

拝観料の割に見どころ・撮りどころの多い竜安寺は、きぬかけの路ではイチオシの紅葉スポットといえるだろう。駐車場が1時間まで無料というのもありがたい。

龍安寺(りょうあんじ)
616-8001 京都市右京区龍安寺御陵下町
☎075-463-2216
拝観時間:8:00~17:00
拝観料: 大人500円 ※見学所要時間は約40分
駐車場:石庭拝観者に限り、1時間無料(自家用車80台)

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー