京都らしい紅葉シーンが撮れる、古刹「仁和寺」


仁和寺は光孝天皇の勅願により創建され、その後宇多天皇が落髪入寺し、寺内に御室(御座所)を設けたことから、御室御所とも呼ばれた。
門跡寺院としての格式は高く、「徒然草」「方丈記」などの古典にも数多く登場するほか、世界文化遺産「古都京都の文化財」にもその名を連ねている。

仁王門 仁和寺

道路に面した「二王門」は、京都3大門と呼ぶに相応しい風格を持ち、そこから一歩足を踏み入れると、まさに御所を思わす広大な境内が広がっている。

紅葉 仁和寺

仁和寺の有名な紅葉スポットは、中門から金堂に至るこの参道沿いだが、境内を周るだけなら拝観料はかからない。

仁和寺

堂塔伽藍は応仁の乱(1467-77)で多くを焼失し、禅宗が勢いを増した室町時代には衰退して、現仁和寺の南にある双ヶ丘にて、僅かに堂舎を構えるのみとなっていた。

仁和寺

復興を果たしたのは、約1世紀半の歳月が流れた寛永年間(1624年-1644年)、徳川家光の時代だ。皇居の建て替えに伴い、旧皇居の紫宸殿、清涼殿、常御殿などが仁和寺に下賜され、境内に移築された。

仁和寺

国宝の「金堂」をはじめ、重要文化財の「五重塔」「御影堂」「観音堂」、さらには御殿内の「遼廓亭」「飛濤亭」などは、その当時のものである。

仁和寺では、その歴史の重みを感じさせる建造物に絡む紅葉の写真が撮れる。紅葉樹そのものはけして多くないが、数多くのアングルが楽しめるという点では、一級品のフォトスポットといえそうだ。

仁和寺

もちろん拝観料を支払って、金堂に入ればまた異なる趣がある。国宝である堂内の撮影が許されているのも嬉しい。

仁和寺 金堂

金堂の庭園。あまり表に出ないが、ここにも十分見応えのある紅葉がある。

御室桜

なお仁和寺は、紅葉よりも遅咲きの「御室桜」が有名で、古都の桜の見納めともいわれている。樹高は2~3mと低く、ソメイヨシノに比べると、花弁は大ぶりで厚く色も濃い。

仁和寺(にんなじ) ホームページ
〒616-8092 京都市右京区御室大内33
☎075-461-1155
拝観時間:9:00~17:00
拝観料: 大人500円
駐車場:9:00~17:30 (12~2月は17:00閉場)・自家用車120台・500円

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー