車中泊で結露を防ぐ方法


結露とは、文字通り空気中の水分が冷えて凝結し、水滴となることによって発生する。発生しやすい場所は車内の「冷えやすいところ」で、具体的には窓ガラスや金属部分ということになる。特に外気と接する面積の大きいフロントガラスは結露しやすく、走行中でも曇りやすい。

なお、車中泊で結露を完全に防ぐ方法は今のところはない。できるのはその量を抑えることまでである。

凍結

事前対策
まず大事なのはガラスの内側をキレイに保つことだ。タバコのヤニやホコリなどでガラスが汚れると、水蒸気がつきやすく結露が発生しやすい状況になる。結露がひどくなったと感じたら、くもり止めクリーナーを窓ガラスに噴霧し、マイクロファイバークロスで拭き取るといい。きめの細かなマイクロファイバークロスは、拭き跡が残りにくく、こういう場合に有効だ。

スリムJr

車中泊対策
これは主にキャンピングカーに有効な方法といえるのだが、まず大事なのは湿度の発生を抑えることだ。たとえば調理をする場合は、フライパンや鍋にフタをし、加熱された野菜や肉から水蒸気が出て、車内の湿度が上がるのを防ぐ。また、鍋料理やお湯を沸かしている時には換気扇を回して、湯気を車外に放出する。さらにタオルなどの湿ったものは車内に干さない。といったことを徹底しよう。

温度調節

次にFFヒーターで車内の温度を高く設定する。空気中に存在し得る水分量は、温度に比例するため、室温が高いほど結露はしにくくなる。

もちろん逆の方法もある。室温と車外の温度差を無くせば、結露はしなくなるが、冬は物理的に無理な話だ。

車中泊の寒さ対策 トップページに戻る

実使用レポートのインデックスページへ。

車中泊のアイデア・インデックスページはこちら。


【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする