知床半島の野生動物撮影スポット 「知床横断道路」


ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は、全長約24kmのワインディング・ロードで、その頂点にある知床峠からは 日本百名山に名を連ねる羅臼岳が大きく見え、深緑の大樹海の彼方には、根室海峡に浮かぶ国後島を望むことができる。

国後島

また途中には知床自然センターがあり、そこから道道93号知床公園線が枝分かれし、知床五湖に通じていく。

羅臼岳

その知床横断道路で一番面白い場所は「道端」だ。
朝夕は道の両脇でエゾジカが草を食み、人懐こい北キツネの子は、停車するとクルマのまわりをいつまでも離れようとしない。また習性を学べば、オジロワシやヒグマの姿を見つけることも可能になる。

エゾジカ

チャンスは早朝。ぜひ早起きして天然のサファリパークをドライブしよう。カムイワッカ湯の滝まで行くと、更に遭遇確率は上がるはずだ。ここではウトロ側から羅臼に向かって、野生動物の観察ポイントを紹介していこう。

 ■オジロワシ

オジロワシ

ウトロ市街から知床横断道路にさしかかる手間の海側にある、「かにや」を超えたところに1軒だけ漁師小屋がある。

オジロワシ

実はここの漁師さんが雑魚を時々オジロワシにやっているようで、すぐ隣の磯に留まっていることが多い。カーナビの目印は「知床さいはて市場(☎0152-24-3333)」がわかりやすいだろう。早朝なら、ここの駐車場にクルマを置いて探せる。オジロワシは夏でも北海道各地でちょくちょく見かけるが、撮影のしやすさは筆者の知るかぎり、ココがずば抜けていい。

知床のオジロワシ

横断道路の電灯に、トンビのように留っていた年もある。

■エゾジカ

エゾジカの群れ

エゾジカはメスが群れで子育てをする。早朝と夕方は、知床横断道路沿いのあちこちでその姿を見ることができるが、それでは当たり前すぎてつまらない… 

エゾジカ危険

というか、徐行しないと車道に出てきて危ないくらいだ。

エゾジカ

本当に見たいのは、こういうシーンだと思うが、それには場所よりも時期が大事で、チャンスは天敵のヒグマに見つからないようブッシュに隠れていた幼鹿が、母親と一緒に行動を始める7月の中旬から末にかけてだという。バンビを見かけたら、しばらく様子を見ているといい。

オスのエゾ鹿

エゾジカらしいのは、やはり堂々とした角を備えた雄鹿だ。成長したオスは単独で行動するため、メスより遭遇する確率は低い。経験上、知床横断道路よりも知床五湖に向かう知床公園線沿いのほうがチャンスは多い。

ブユニ岬

夕方は、駐車スペースがあって夕陽がらみのカットが期待できるブユニ岬がお勧めだ。アートフルな写真が撮りたければ、ここがいい。

羅臼温泉国設野営場

なお、いちばん簡単にエゾジカが見られるのは、ウトロと羅臼温泉にある国設キャンプ場のサイトだろう。ここに泊まれば、朝早くからすぐそばで草を食む様子が観察できる。

■キタキツネ

北キツネの親子

知床で夏に見かけるのは、たいてい子連れか独立したての若いキツネだ。ただ、ほとんどは毛並みが悪く、イキイキとした感じはしない。

キタキツネ ハイエース

原因はお菓子にあるともいわれているが、キツネも心得たもので、観光客が通る時間になると森から出てくる。どうやらキタキツネのファストフード店は、知床五湖周辺の広い道らしい。 

キタキツネ

キタキツネというのは、人馴れした個体ほど大胆に車道横に現れる。この家族は「死んだふり」で人を化かそうとしていた。通りかかった人間が哀れに思い、餌でもくれたらラッキーという目論見だろうか。

ただ、そのまま何もせずに見ていると、しばらくして生き返った。とんだ大道芸に出くわしたものだ(笑)。

北キツネの子供

だが、知床に馴染んでくると、エゾジカと同じくそういう個体にはすぐに飽きる。そこでお勧めなのが「自活」していそうな個体がいるカムイワッカ湯の滝に通じるダートだ。興味津々で、茂みからこちらをじっとうかがう、野性味を残したキタキツネがそこにはいる。ここではどんどん後続車に追い抜かせ、ゆっくりクルマを走らせよう。

■ヒグマ

ヒグマ

最後はおまたせのヒグマだ。

筆者はこれまでに9度、野生のヒグマと出遭っているが、場所はけっこうバラバラだ。

ヒグマ

一番驚いたのは2013年夏のキャンプ場。昼食の準備をしていた家内が、敷地の森をノシノシと歩くその姿に気づいた。どうやら気づかぬうちに柵を越えてしまい、場内に侵入してしまったらしい。危害を加える様子はなかったのだが、迷い込んだクマが、再び柵を越えて山に帰ることは難しいらしく、若いオスはその日のうちに帰らぬ熊となった… 

岩御別

知床半島のヒグマは、2011年頃までは「岩尾別」と呼ばれる知床公園線から「地の涯ホテル」に向かうあたりで目撃されることが多かった。

野生のヒグマ

どうも道に平行して流れる川の山手に、下に降りてくる獣道があったようだ。

20140523204214edc

もっとも… ここは秋にヒグマが遡上してきたサケを食べに来ることで有名な場所で、その時期は熊よりも明らかに人のほうが多く、地元ではそれが問題視されていた。

その後、数年にわたって観察者を見かけないところをみると、現在は獣道がフェンスで塞がれてしまったのかもしれない。

ヒグマの糞

カムイワッカ湯の滝に行く道も、遭遇確率が高かった。

カムイワッカのヒグマ

世界遺産に登録されて以降、通年のマイカー通行規制がかけられていたが、2012年に再び期間限定で一般解放された。その年と翌年は途中でヒグマに出会ったのだが、2014年以降はここでもその姿を見かけていない。

知床のヒグマ

代わりに、最近は知床横断道路でバッタリ若グマと出くわす機会が多くなった。これは筆者だけではないようで、知床でも人を恐れない新世代の熊がどんどん増えているという。

そんな中、2015年には切ない親子グマの顛末を見た。

20150807ヒグマ

それは2015年7月30日にマスコミ報道されたヒグマ騒動で、写真は斜里町の自然ガイド若月識さんが26日の午後、世界遺産登録地域内の国道で自動車内から撮影したものだ。

報道によれば、若月さんの車の前に停車していたレンタカーが、約5メートル離れた道路脇の母グマ1頭と子グマ2頭を見物中、車を動かし約1メートルまで近づいたところ、体長約1・5メートルの母グマが路上へ出て、レンタカーに前足をかけて3度揺すったという。

さすがにこれには驚いた。

0728ヒグマ1

こちらの写真は、偶然にも同じ日の早朝6時24分に、ほぼ同じ場所で筆者が撮影したものだ。やはり2頭の子熊を連れていた。十中八九、同じ個体に違いないと思うが、ハイエースを揺すりにはこなかった(笑)。
理由はたったひとつ。1メートルまで近づかなかったからだ。

20150807ヒグマ2

ちなみに、これは2012年に撮影した若いオスのヒグマだが、谷から上がってきて筆者のハイエースと前のクルマの間を悠々とわたり、山に消えていった。

筆者の経験では、彼らは個々に「自分なりの距離」を持っているようで、中にはその距離が10メートル以上の個体もいれば、3メートルほどの個体もいる。よく観察していれば、その距離感は何となくわかってくるが、ヒグマがこちらを無視している時は、その距離の圏外にいるということになる。

この一件に関して知床財団の事務局長は、「遭遇した時はクマの進路をふさがず、すぐ立ち去って」とコメントしたそうだが、たぶん…そうする人は少ない(笑)。

見たい人には「遭遇した時は、そのまま動かず、そっと見守ってやって」のほうが実態に則している。もし貴方が立ち去っても、そこにはすぐに次の観客がやってくる。ヒグマからすれば何も変わらないわけだし、既に「慣れっこ」になっているかもしれない。

徒歩

そもそも、フェンスで囲める知床五湖やキャンプ場とは違い、隙間だらけの知床横断道路に出没するヒグマを止めることは不可能に近い。しかも今はそこを丸腰のまま自転車に乗る人が数多く通行し、登り坂ではそれを押して歩く高齢者や女性を見かける。傍から見ている我々はハラハラするが、事情を知らない当人たちは全然平気だ(笑)。

さて…
事件から2週間近くが過ぎ、筆者は再び知床を訪ねた。そこで発見したのが、この小熊たちだ。大きさといい、場所といい、確証はないが、おそらくあのテレビで放送された親子グマに違いないと思う。

20150808小熊1

近くにママ熊がいると危険なので、しばらく遠目から見ていたのだが、母親が現れるどころか、なんと右の子熊が視界から突然消えてしまった! 

どうやら足を滑らせ、コンクリートの崖から下に落ちてしまったようである。

20150808子熊2

それから約30分、残された子熊の一部始終をビデオで追いかけたのだが、ジャージャー声をたてて泣きながら、親と兄弟を探してさまよう姿は痛々しく、まるで人の子供のようだった。

20150808小熊3

ついには車道まで上がって、対岸の土手を探し、最後は再びコンクリートの崖に降り、まるで疲れ果てて兄弟の後を追うようにいなくなった。

それで死ぬことはないと思うが、いずれにしても親を失った生後半年ほどの子熊が無事に成獣になるまで生き残れるとは思えない。

若い母熊だったので、もしかすると小育てを放棄して別の雄熊と行動を共にしているのかもしれないが、あまりに人を恐れないため、駆除されてしまった可能性も否定はできない。

なお、ヒグマの習性はこちらに詳しく記載しているので、心配なら一度目を通しておくといいだろう。

知床横断道路のページに戻る

知床半島全体のガイドは↓

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー