菅原道真公を祀る天満宮の宗祀(総本社) 北野天満宮 京都


実在人物が「神様」として祀られているのは、武田信玄、徳川家康、吉田松陰など、特に戦国時代以降はさほど珍しいことではないのだが、菅原道真ほどミステリアスな逸話の残る歴史上の人物はいまい。おそらくその理由は、功績に対して不遇過ぎた晩年の人生に起因している。

太宰府天満宮

菅原道真を最初に神として祀ったのは、その死から2年後の905年(延喜五年)に、近臣の味酒安行(うまさけやすゆき)が道真公を埋葬した地に祠を造り、天満大自在天神と名づけたことが始まりという話は、太宰府の記事で紹介した。
なおこのページには、合わせて道真公の不遇な人生についても触れているので、ご存知ない方は先にそちらからご覧になられるほうがいいと思う。

太宰府のページ

太宰府天満宮のページ

北野天満宮

ここでは、もうひとつの「天神様を祀る本宮」、京都の北野天満宮について記載する。格式の上では、どうやらこちらが「本宮」のようだ。
写真は後西天皇御宸筆の『天満宮』の勅額を掲げてある重要文化財の三光門。豊富な彫刻の中に日月星があることからそう呼ばれる。

道真

さて。道真公亡き後の京都では、日食・月食や干ばつ、洪水、疫病が流行り、「道真の祟り」と噂されていた。そんな折、道真を貶めた政敵・藤原時平とその娘、さらに道真左遷の片棒を担いだ藤原菅根が相次いで死んだ。さらに続けて、左遷に関わった人や時平一族、そして血族の皇太子までが不慮の死を遂げる。

さすがに朝廷も道真鎮魂のために腰を上げ、位を右大臣に戻し従ニ位から正ニ位にすすめるなどの措置をとったが、全く効果は見られなかった。

御所 清涼殿

そして930年(延長八年)6月、今度は御所の清涼殿に落雷があり、大納言の藤原道貫ほか5名が焼死する。時の醍醐天皇はショックの余り体調を崩し、帝位を譲った七日後にこの世を去った。

それから10余年の月日が経った天慶5年(942年)、右京七条に住む多治比文子(たじひのあやこ)という少女に、道真公から託宣があり、5年後にも近江国の神官の幼児である太郎丸に同様の託宣が下った。

「私はこの世にあった時、よく右近馬場に遊んだものである。思わぬ禍に遭い左遷され、京に帰ることも叶わなかったが、こうして時々京に戻ってみると、胸内の怒りが薄れてゆく気がする。今の私は天神の号を得て、国を鎮護せんと思っている。どうかこの地に祠を構えて、私が京に滞在するための便を計って欲しい」…

 北野天満宮

947年(天暦元年)、ついに朝廷は託宣に基づき、現在の京都北野に道真公を祀る社殿を造営する。さらにその後、政敵であった藤原時平の甥の藤原師輔が、自らの屋敷の建物を寄贈し、壮大な社殿に作り直された。そして永延元年(987年)、初めて勅祭が行われ、一条天皇から「北野天満宮天神」の称が贈られた。

北野天満宮

国宝の本殿は、慶長12年(1607)に豊臣秀頼が造営したもので、八棟造と称される絢爛豪華な桃山建築。境内は道真公が愛でられた梅と紅葉の名所でもある。

また毎月25日は縁日で、境内には多くの露店が立ち並び賑わいをみせる。この日は宝物殿も特別公開されるようだ。

道真の御霊としての性格が薄れ、学問の神として広く信仰されるようになったのは、さらにそれから500年を経過した江戸時代以降のことだという。

いやいや、ニッポンの歴史は長く、そしてミステリアスだ。
なぜなら、まだこの話は終わらない…

北野天満宮

平安時代から、京都には町の辻々に「鬼神像」と呼ばれる木製の人形を置いて、遠方から舞い込む邪気を祓う慣習があったといわれる。
それがなんと、平成14年の北野天満宮1100年大萬燈祭の際に、本殿の奥にあった長持ちの中から発見された。 

北野天満宮 宝物殿

鬼神像は北野天満宮の宝物殿に保存されており、筆者は幸運にも「特別展」でそれを目の当たりにすることができた。
ただ、鬼神像13体はいずれも憤怒の表情をしており、道真公のたたりと無関係であるようには思えなかった。もっとも… 学芸員さんは笑って何も答えなかったけどね。

北野天満宮 宝物殿

北野天満宮の宝物殿は300円にしては中身が濃く、時間があればお勧めだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、北野天満宮には豊臣秀吉ゆかりの「もみじ苑」と呼ばれる庭園があり、ライトアップも行われる。

「もみじ苑」公開期間;11月1日(土)~12月7日(日)
午前10時~午後4時

ライトアップ期間 11月15日(土)~12月7日(日)
午前10時~午後8時(ライトアップは日没より)

入苑拝観料(茶菓子付) 大人 600円

北野天満宮
 〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町
電話: 075-461-0005
参拝時間:午前5時半~午後5時(10月~3月) ※無料
宝物殿の見学時間:午前9時より午後4時まで
拝観料:300円
駐車場:無料 午前9時より午後5時まで
※毎月25日は、縁日のため駐車不可

駐車場

駐車場は半舗装で、木が覆いかぶさっている。キャブコンは通れないかもしれないので、事前に確認を。

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー