車中泊のクルマ旅に一番お勧めの時期は?/北海道・車中泊&クルマ旅 スタートガイド


 一番お勧めの時期は7月

場所にもよるが、北海道の気候を測る大まかな目安は、春夏なら本州から30~50日を差し引いた頃、逆に秋冬はその日数を加えたものと考えれば把握しやすい。

2-1

つまり7月初旬の陽気は、梅雨入り前の爽やかな時期ということになる。新緑に加えて、富良野や美瑛ではジャガイモの花とラベンダーが咲き始め、広大な農場は日増しに輝きを増していく。「北海道らしさ」には様々な観点があるが、旬を迎えた富良野と美瑛の光景は、その筆頭とも呼べるものだろう。

さて、昔から北海道には梅雨がないといわれるが、正確には誤りだ。梅雨前線が北上して本州の梅雨が開ける頃、北海道の天候は崩れがちになり、特に梅雨前線がかかる7月下旬から8月初旬の根室付近は、ぐずついた天気が続きやすい。

%e5%88%a5%e6%b5%b7

また最近は北海道でも、7月下旬からお盆までは30度を超える日が多くなってきた。道南から道央エリアと旭川周辺はその傾向が強いので、この時期に行くなら本州同様に真夏の服装が必要だ。都市部の道の駅では、本州並みに寝苦しい夜もあるだろう。

2-2

盛夏に湿度が低く過ごしやすいのは、紋別以北のオホーツク沿岸、すなわち道北エリアだ。写真は2012年8月9日の天気予報。道南・道央では気温が30度近くまであがるが、道東は天気がすぐれず低温で、根室や羅臼では寒いと感じる日も珍しくない。

<Next Contents>
これで安心! 北海道の手強い虫対策と効く薬

北海道・車中泊&クルマ旅 スタートガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー