北海道のグルメは、「ソウルフード」/北海道・車中泊&クルマ旅 スタートガイド


自分で作る「道民のご馳走」

グルメ(gourmet)の和訳は食通である。
料理の味や料理の知識について詳しいこと。またはそれを詳しく知っている人物を指し、 別称として美食家とも呼ばれる。だが、巷では「美味しい料理を食べさせてくれる店」をたくさん知っている人」をそう呼んでいることが多いようにも感じる。しかもそうなるには、こうまでして名店の味を食べ重ねなければならない(笑)。

19

ソウルフードという言葉をご存知だろうか。ソウルフードとは、「その地域で親しまれている郷土料理」という意味を持つ。写真の鉄砲汁はまさにその典型例で、とりわけ根室で多く水揚げされる「花咲ガニ」は、濃厚なダシが出て美味い。

鉄砲汁

夏の漁が始まると、地元根室のスーパー「マルシェ・デ・キッチン」では、鉄砲汁用の「生の切り身」が、こんな値段で手に入る。

花咲ガニ

また北海道のソウルフードといえばジンギスカンは外せない。そのジンギスカンを美味しく食べる秘策は、スーパーの冷凍肉ではなく評判の店で「テイクアウト」をすることだ。人気の店は昼前から並ぶ必要があるが、テイクアウトなら空いている時間に買いに行けばいいし、事前に電話予約しておいて、取りに行くこともできる。

ジンギスカン 白樺

あとは鍋さえあればキャンプサイトで十分美味しく食べられる。スーパーやホームセンターでは使い捨てのジンギスカン鍋も売っているが、いいお肉は、やはり鉄の鍋で焼くほうが美味い。少し高いが、ひとつあれば「一生モノ」だ。これもホームセンターで売っている。

ジンギスカン

さて、一般的に北海道のグルメといえば、ウニ・カニ・ホタテなどの海鮮物を連想するが、それらも観光地ではなく、道民が普通に利用しているスーパーで手に入れると格安だ。高級品の北海シマエビも、おみやげ用に流通しないSSサイズであれば、枝豆なみの値段で手に入る。

北海シマエビ

最後にメロンは、道の駅などの直売所に行くといい。出荷できないB品が面白いくらい安く買える。写真はニセコビュープラザ。筆者の知る限り、ここが一番安く手に入る。

19-7

このように、ソウルフードはネタがありすぎて、ここでは到底全てを紹介できないが、ツアーと違って足で探せば、まだまだ北海道は安くて美味しいものがたくさん見つかる土地だ。道の駅の直売所やローカルスーパーを見つけたら、そういう意識で店内を見て回ろう。

<Next Contents>
キタキツネに触ると病気が伝染る?

北海道・車中泊&クルマ旅 スタートガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー