津軽海峡フェリー「大間~函館便」乗船レポート/北海道 車中泊&クルマ旅


わずか90分間のプチな船旅

大阪在住とはいえ、全国を取材で走り回る筆者は、この航路をこれまでに4度利用している。その理由は青森県の下北半島に見どころが多くあるからに他ならない。

イタコの口寄せで有名な恐山、津軽海峡の荒波が削り上げた仏ヶ浦、寒立馬が放牧されている尻屋崎、薬研温泉、そしてマグロの1本釣りで名を馳せる小さな漁師町「大間」。

大間のマグロ

東北と北海道をあわせて旅する人には、ぜひこの航路をお勧めしたい。

大間フェリーターミナル

通常、大間からは午前7時発・8時30分函館着と、14時10分発・15時40分着の2便が運行されているが、お勧めなのは早朝の便だ。なぜなら大間のフェリーターミナルのすぐ近くには、無料のキャンプサイトがある。

%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88

屋内の炊事棟と水洗トイレが完備した大間崎テントサイトは、近くに温泉とスーパーがあり、車中泊環境は全国で見てもトップクラスといえる極上のキャンプ場だ。それは筆者が青森便をあまり利用しない理由のひとつでもある。青森市内に車中泊の好適地はない。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3

さて。これは青函フェリーの全ての便に共通するが、インターネットで予約するとバーコード入りのメールが返信され、それをスマートチェックインの機械にかざすだけで乗船手続きが完了する。

%e3%83%81%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

筆者はパソコンから予約をするのだが、スマホでメールのバーコードを撮影し、試しにそれをかざしてみたら、なんと認識された! ものぐさな人間には、これができるのとできないのでは大違いなのだ(笑)。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc

船は青森便に比べると小さく、車両はトラック21台または乗用車60台しか載せられない。夏は早めに予約をするほうが確実だと思う。

%e8%88%b9%e5%86%85

船内ではこのフリースペースが売店に近くて便利。

船の詳細はこちらを参照

津軽海峡

ちなみに航行するのは、あのクロマグロが跳ねる津軽海峡。ただし、7.8月にマグロ漁はほとんど行われないとのこと。甲板には出られるが、見られるのは穏やかな海だけ…である。

北海道・車中泊&クルマ旅 フェリーガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー