商船三井フェリー「大洗~苫小牧便」乗船レポート/北海道 車中泊&クルマ旅


2017年の夏前に新造船(夕方便)の就航予定

まずはいいニュースから記載しよう。
商船三井フェリーの夕方便2隻「さんふらわあさっぽろ」と「さんふらわあ ふらの」は、来年の夏前に新造船に切り替わるようだ。

商船三井フェリー

確かに筆者が2016年に乗船した現在の「さんふらわあ ふらの」は、ちょっと古ぼけた感じはしたが、それ以上に驚いたのは船の小ささだった。乗用車77台とトラック154台というのは、津軽海峡フェリーの青森便とほとんど変わらない。ただ新造船では乗用車113台と大型トラック160台に拡張されるようで、多少は予約も取りやすくなるだろう。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc

道東へのアクセスに便利な商船三井フェリーの特徴は、夕方便(18時30分発・13時30分着)と深夜便(1時45分発・19時45分着)があることだ。夕方便はシニア、深夜便は現役世代のライフサイクルに合致するため、棲み分けもできている。筆者も今回は夕方便を利用。深夜便の乗船時間まで起きているのは正直辛いものがある。

以降は、せっかく詳しい話をしても、船が変われば、あまり意味はなくなる(笑)。というわけで、ここでは「記録」程度に留めておきたい。

%e8%88%b9%e5%ae%a4

筆者が利用した客室は、デラックス・ルーム。本当はここまで豪華でなくても良いのだが、ワンランク下のスタンダード・ルームの洋室は4人用しかなく2段ベッドになっている。つまりファミリーユースが優先されているわけだ。

一足先に就航した新日本海フェリーの新造船に比べると、そのあたりも現代のニーズとは少し時代格差があるように感じられた。

%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab

ただしデラックスというだけあって、部屋には冷蔵庫とバス・トイレがついており、ちょっとしたビジネスホテル並の装備にはなっている。

sennai

新日本海フェリーに比べると、船内にはリラックスして時間を過ごせる場所がかなり少ない。そのため宿泊を兼ねてこの規模の船に乗るなら、やはり個室のありがたみは大きいだろう。筆者の友人は横浜から新潟に出て、新日本海フェリーを利用していたが、その気持ちはよく分かる。

客室・船内の詳細はこちら

北海道・車中泊&クルマ旅 フェリーガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー