中高年にイチオシは、パークゴルフ/北海道ロングステイガイド


ルールは簡単。
ただしコースはデリケート

パークゴルフは、1983年に「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として、北海道の帯広に近い幕別町で考案された。それもあって、北海道には既に600件以上の施設があり、道の駅やキャンプ場と隣接しているところがたくさんある。

パークゴルフ発祥の地

パークゴルフの”セント・アンドリュース”は、この幕別運動公園つつじコース

車中泊地の近くにあって、無料もしくはひとり500円程度で楽しめ、適度な運動量があるというのは、中高年の車中泊旅行者にはまさに打って付けだと思う。

パークゴルフ

加えてパークゴルフは男女差がなく楽しめるので、ゴルフ経験がないご婦人でも、たちまち夫婦でスコアを競えるレベルになる。

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba

コースはゴルフよりも短く、18ホール・パー66。
1ホールの距離は最長100メートルまでとされ、ホールはパー3から5に設定されている。ただしラフは深く、グリーンは傾斜と起伏に富んでいるため、パワーではなくコントロールと繊細なタッチが求められる。

パークゴルフ場

大半のコースはこのようにフラットで、青々とした芝のフェアウェイ上を歩く。シューズはスニーカーでもOK。

パークゴルフ

クラブとボール。クラブは短いドライバーのような形状で、拳くらいのボールを転がしてプレイする。

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af

マイ・クラブがお勧め
コースには無料で夜明けから日没までプレイができるところもあるが、レンタルの場合は管理人が来るまで待つ必要がある。クラブは「ホーマック」などで売っており、1万円以下のセットもある。

北海道の人気パークゴルフ場
冒頭で書いた通り、北海道には600件を超すパークゴルフ場があり、その数は道の駅よりはるかに多い。素晴らしいコースがたくさんあるので、キャンプ場と同じく「パークゴルフ場ガイド」を一冊購入されることをお勧めする。

ナウマン公園パークゴルフ場チャンピオンコース
パークゴルフの発祥地にある競技コース

%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%83%9e%e3%83%b3%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9

筆者イチオシのパークゴルフ場は、道の駅忠類と温泉施設に隣接しているナウマン公園パークゴルフ場チャンピオンコースだ。芝の管理レベルは本コース並にもかかわらず、なんと無料! そのうえ夏はナウマン公園の一画をオートキャンプ場として無料開放している。ここを見れば、パークゴルフが道民にとっていかなるスポーツであるかが、きっと理解できるに違いない。

<Next Contents>
ハイキングは中高年向きのアウトドア

なお、筆者がプレイしたパークゴルフ場のインプレはこちら。

北海道・車中泊&クルマ旅 ロングステイガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー