スポーツではなく、食べるためのフィッシング/北海道・車中泊&クルマ旅 ロングステイガイド


入漁券の要らない渓流釣りは特に魅力

釣りには2つの流儀がある。ひとつはブラックバス釣りに代表されるスポーツフィッシングで、キャッチ&リリースが原則。つまり、釣った魚は生かして放す。

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%9e%e3%82%b9

もうひとつは「漁」だ。漁というと網で大量に魚を獲るイメージがあるが、土佐の有名なカツオの一本釣りも「漁」である。

筆者の流儀は子供の頃から「漁」だ。
腕が良ければ口に針をフックさせられるが、運悪くそれを飲み込んだ魚は、まず助からない。同じ命を奪うことになるのなら、その日のゆうげの一品にしてやるほうが成仏できるというものだ。ゆえに食べられない魚は最初から釣らない。

%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a6

さて。昔に比べれて釣れなくなったとはいえ、北海道は海も川も十分といえるほど魚影は濃い。つまり、さして腕がなくても釣れる魚はたくさんいる。

カレイ

海なら、波止場から釣れるカレイと、地元でガヤと呼ばれるエゾメバルがビギナーの対象魚になるだろう。

ガヤ

ガヤはメバル同様、甘辛く煮付けて食べるとおいしい。

コマイ

こちらはコマイ。アジやイワシのようにサビキで釣れる魚だ。

%e5%a4%a9%e6%97%a5%e5%b9%b2%e3%81%97

コマイは釣りたてよりも、天日干ししてから焼いて食べるほうがおいしい。こういうことができるのもロングステイの妙味である。ネットは100円ショップで手に入る。数が少ないのは、食べられる数以上は釣らないからだ。

%e6%b8%93%e6%b5%81%e9%87%a3%e3%82%8a

さて。今度は川だが、ありがたいことに北海道では天然の渓流魚が無料で釣れる。いくら釣れても、本州のように2000円以上もする入漁券を買っていたのでは後が続かない。

ヤマメの炭火焼き

釣れてくるのは、ニジマスとヤマメ、それにイワナの仲間のオショロコマだ。北海道には天然のニジマスも多くいる。

%e5%88%ba%e3%81%97%e8%ba%ab

最後に、北海道で釣りをする際の問題はエサの確保だ。海釣りでもそうだが、その土地ごとの釣具店を先に探す方がいいだろう。ホームセンターのホーマックでも手に入る。

<Next Contents>
見るだけでも感動!野生動物ウォッチング

北海道・車中泊&クルマ旅 ロングステイガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする