見るだけでも感動!知床半島・野生動物ウォッチング


居場所で気長に待てば、必ず観られる

筆者はこれまで数多くの北海道に生息する野生動物を撮影してきたが、出会いの秘訣を端的に云うとこういうことだ。もちろんメインの舞台は世界自然遺産・知床半島。ここは見られる動物の種類が突出している。

%e3%83%92%e3%82%b0%e3%83%9e

たとえば、筆者は既に知床半島で10度以上ヒグマに出会っている。ただし、どこにでも出てくるわけではなく、見かける場所は限られている。かつてはホテル地の涯に向かう途中の岩尾別や、道道カムイワッカ線沿いで見かけることが多かった。

%e3%83%92%e3%82%b0%e3%83%9e2

望遠レンズで大きく見せているが、実際はこのくらい離れている場合がほとんどだ。よく怖くないかと聞かれるが、クルマの側で姿を見せるのを待っているため、多少近づいてきても身の危険を感じたことはない。

%e3%83%92%e3%82%b0%e3%83%9e3

しかし、ここ最近は傾向が変わってきた。
2015年と2016年は、知床五湖に向かう道道93号と知床横断道路の交差点付近でヒグマに遭遇している。しかも日中の日の高い時間にである。

この道では自転車の旅行者や、時には歩いている人も見かけるのだが、丸腰でバッタリ出会うのはさすがに怖い(笑)。知床半島では、ガイド無しで歩くことはできるだけ控えたほうが良さそうだ。

ヒグマに関心がある人は、こちらの記事を続けてどうぞ。
ヒグマの生態と習性

なお、本気でヒグマに出会いたければ、クマではなくその出没を待っていそうなクルマを先に見つけるといい(笑)。ちなみに筆者のクルマは… もうみんな知ってるよね!(爆)

%e9%b9%bf%e3%81%ae%e7%be%a4%e3%82%8c

今度はエゾシカの話をしよう。知床半島にはウジャウジャといいたくなる数のエゾシカがいるので、朝夕に知床横断道路を走れば否が応でもその姿を見かけるはずだ。見られない人は、きっと走る時間帯が違っている。

%e9%b9%bf%e3%81%ae%e8%a6%aa%e5%ad%90

バンビの授乳シーンが見られる確率が高いのは7月上旬の早朝。近づいたりクルマから降りると逃げるので、車内から観察しよう。

%e9%9b%84%e9%b9%bf

立派な角を持つ牡鹿に出会えるのは9月の半ば頃。

%e9%b9%bf%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b

なお、北キツネとエゾシカは羅臼温泉キャンプ場に棲みついているので、そこに泊まっていれば向こうからやってくる。

%e5%8c%97%e3%82%ad%e3%83%84%e3%83%8d

今度はフィールドを変えて、海に目を移そう。
知床半島で動物観察をしたい人にオススメしたいのは、羅臼の海のクルージングだ。

%e3%82%af%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%81%ae%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e4%b8%98%e5%85%ac%e5%9c%92

季節によって見られるものは変わるが、圧巻はやはりシャチとマッコウクジラだろう。

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%81

シャチが見られる季節は5月から6月。盛夏になると日本の海域を離れ追えなくなる。群れで泳いでいるのはメスと子供。オスは単独で行動する。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%82%af%e3%82%b8%e3%83%a9

シャチが去る頃、代わりに姿を現すのが小笠原諸島近海からエサのイカを追いかけて北上してくるマッコウクジラのオスたちだ。7月後半になると、その豪快なダイブを至近距離から見られる確率が高くなる。

%e6%b2%b3%e5%8f%a3

最後は川。お盆を過ぎると、この浅い河口からカラフトマスの遡上が始まる。水面がざわついている理由は下の写真。

%e6%b0%b4%e4%b8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f

夏でもゴム手袋なしでは、長く手を浸けていられない。

%e3%82%b5%e3%82%b1

そして9月の後半からは、いよいよサケが戻ってくる。

このように知床だけでも、かなりの種類の野生動物を見ることができる。さすがに撮影するのは骨が折れるが、観察だけならさほど難しくはない。双眼鏡があれば、写真のようなシーンがきっと貴方にも見られるだろう。

最後に、これらの写真は、足掛け8年かけて撮影してきた筆者のライブラリー。自然観察には「運の良さ」も重要なファクターといえるだろう。

 <Next Contents>
キャンプ場に泊まる ~ワンランク上の車中泊~

北海道・車中泊&クルマ旅 ロングステイガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー