京都御所と京都御苑の違い


京都市民は、「京都御苑(きょうとぎょえん)」を含めて、単に「御所」と呼ぶ人が多いようだが、正確には「京都御所」と「京都御苑」は別物だ。「京都御所」は宮内庁が管轄する「皇室用財産」で、それを囲む「京都御苑」は、環境省が管理している国民公園のことである。

京都御苑 花見

ここでは、国民公園である「京都御苑」について言及しよう。

※京都御所の歴史と見学についてはこちらを参照

「京都御苑」は京都御所と仙洞御所、大宮御所を包含する東西700メートル、南北1300メートルの広大な緑地で、車両以外は東西南北四方から自由に出入りができる。

京都御苑

京都御苑 拡大PDFマップ

簡単にその歴史を振り返ると、現在の京都御苑一帯は、近世まで200あまりの邸宅が立ち並ぶ公家町であった。しかし1869年(明治2年)に明治天皇とともに公家らが東京へ移ると、京都御所周辺はたちまち荒廃してしまった。

京都御苑

それに歯止めをかけたのが岩倉具視で、古式慣習の保存と火災延焼を防ぐという提案に沿って、京都府が御所周辺の空き家となった公家屋敷などを撤去し、整備したのが京都御苑の始まりとされている。

 

京都御苑

それから100年以上が経過した現在は、約5万本といわれる樹木が生育し、御所周辺の由緒ある景観を維持する庭園としての機能はもちろん、散策や休養、自然や歴史とのふれあい、そしてスポーツなど、古都京都の中心部に位置する市民公園として重要な役割を担っている。
また場所が場所だけに、「市民」にとどまらず「国民」公園と呼んでいることにも頷けよう。

 

小鳥の水浴び

自然面での特筆すべき点は「野鳥」の多さだ。京都御苑は大阪城と並ぶ京阪神屈指の野鳥観察スポットで、バードバスを中心に100種以上が確認されている。小鳥以外にも冬はオオタカが餌場として利用したり、夏はアオバズクが繁殖に来るなど猛禽類も見られる。

蛤御門

また歴史に目を移すと、蛤御門には「禁門の変」の弾痕とみられる傷跡が生々しく残されている。

禁門の変は、幕末の1864年7月19日(新暦8月20日)に勃発した長州藩の「クーデター」で、会津・桑名・薩摩藩連合軍と、この蛤御門・堺町御門付近で激しい戦いを繰り広げられた。結果、長州軍は敗走し、長州藩の尊王攘夷派重鎮、久坂玄瑞は自刃したとされる。

蛤御門

この話は2010年の大河ドラマ「龍馬伝」と2013年に放送された「八重の桜」でも詳しく描かれていたが、2015年に放送される「花燃ゆ」は、その久坂玄瑞の妻であり、吉田松陰の妹にあたる文が主人公ということで、おそらくより詳しく描かれるるに違いない。

 「花燃ゆ」 NHKオフィシャルサイト

京都御苑 環境省ホームページ

住所:京都府京都市上京区京都御苑
電話:075-211-6348
駐車場:
御所西駐車場(中立売西駐車場)
御所東駐車場(清和院東駐車場)

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー