9月の北海道の見どころ まとめ/北海道・車中泊&クルマ旅 ロングステイガイド


日本一早い大雪山の紅葉を見て帰る

10月の声を聞くと、峠の凍結や積雪情報がニュースで流れる北海道では、9月までが夏タイヤで滞在できる期間になる。そのロングステイのフィーナーレを飾るのが大雪山の紅葉だ。

旭岳

本州では、標高2000メートルを越す乗鞍高原の畳平や、北アルプスの涸沢、あるいは東北の裏磐梯あたりの紅葉が10月初旬から始まるが、北海道の大雪山は9月の中旬から色づいてくる。

旭岳の紅葉

大雪山の紅葉スポットは3ヶ所ある。この写真はその中でもっとも行きやすい旭岳の自然探勝路で、ロープウェイで簡単にアクセスすることができる。

銀泉台

こちらは銀泉台。よく名前は聞くと思うが、紅葉シーズンはシャトルバスでのアクセスになる。

大雪山の紅葉

筆者のイチオシは、この大雪高原の沼巡りコースだ。こちらもハイシーズンのピーク時は通行規制が行われるが、比較的早い時期に解除され、マイカーでのアクセスが可能になる。またシャトルバスの運行期間中なら、1日で銀泉台まで縦走することも可能だ。

大雪山の美しい写真と詳細ガイドはこちら

さて。北海道では湿地でも紅葉が見られることをご存知だろうか。

サンゴ草

写真は網走に近い能取湖の卯原内(うばらない)に群生するサンゴ草で、こちらも9月中旬に紅葉のピークを迎える。8月に道東に滞在し、9月半ばに大雪山に向かう人なら、その道中にあたる場所なので、ぜひ立ち寄ってみていただきたい。

千歳水族館

最後に、千歳水族館をご紹介。
新装された道の駅に隣接している施設だが、面白いのは千歳川の中にガラスの壁を作り、天然のサケが超リアルに見られるようにしてある点だ。

苫小牧港もしくは小樽港から北海道を離れるのなら、フェリーに乗る日に見るのは、ちょっとオツな時間の過ごし方かも。

北海道・車中泊&クルマ旅 ロングステイガイド インデックス

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー