唯我独尊/富良野 の名物カレー専門店


名物はソーセージカレーと”おかわり”

地元産の安心安全、かつ「おいしい」食材を使ったカレーを、1974年から作り始めたという老舗の名店。ウェブを開けば、読んでいるこっちがむず痒くなるほど、次から次へと賞賛と伝説めいた話が湧いてくる…

唯我独尊

そんなわけで、ラベンダーの季節はいつでも混んでいるのが「普通」のようだ。ご覧の通り店の作りも個性的で、大雪山の麓にあってもおかしくなさそうな山小屋仕立てである。

唯我独尊のソーセージカレー

さて。唯我独尊といえば、このソーセージ・カレー。こいつが出てない富良野のガイドブックはないんじゃないか?と思うくらい有名で、店だけでなく、今は富良野の「顔」としての役割をも果たしているようだ。ルーは評判通りスパイシーで味わい深い。辛さは僕がさらりと平らげられたのだから、「激」がつくようなことはない。質的にはレストランのカレーのような上品さとは違い、ワイルドという表現がしっくりくる。

特筆すべきは、やはりソーセージだろう。肉がみっちりと詰まった皮にスモークがしっかり効いている。ルーがパワフルなだけに、このくらいでなければ、ソーセージ自体の味が消されてしまうのだ。歯ざわりともども、実に野性味あふれる食べ応えであった。

%e3%82%aa%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc

最近はオムカレーも人気のようだが、筆者は概ねの雑誌に書かれている通り、このソーセージカレーの方が、この店らしさを味わえるような気がした。

唯我独尊

これも有名な話。できれば、「北の国から」の幼少の頃の蛍のように、可愛く舌っ足らずに言うほどいい…(笑)

ところで… 気になるのは味だけでなく、店名の「四文字熟語」だ。主たる意味の解釈は、「この世で、自分ほど偉いものはいないとうぬぼれること」。釈迦が生まれた時に七歩歩き、一方で天を指し、他方で地を指して唱えた言葉と伝えられている。しかし、商売人がこの意味を込めて店を始めるかと考えれば疑問が残る。

ここでの唯我独尊の意味は「俺は俺」。つまり、どれだけ富良野でカレーが持て囃されようが、我道を行くのみ… みたいな心境で使われたのかも知れない。料理でも写真でも、クリエイティブの世界で最も大事なのはアイデンティティー、つまり「独自性」だ。本当の独自性とは人にはマネのできない世界である。

なお平日と言えども、冒頭に記したようにランチタイムの前後は駐車場は満車になることが多い。富良野の市街地にあるため、そこいらに路上駐車できるロケーションではないのでご注意を。

 

正式名称:唯我独尊
所在地:北海道富良野市日の出町11-8
TEL:0167-23-4784
営業時間:11:00~21:00
定休:(月)(祝の場合翌日)、7・8月は不定
駐車場:10台程度

富良野の見どころ 一覧ページはこちら

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

北海道・観光&フォトスポット インデックス

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー