温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」


乳頭温泉

2013年に日本温泉総合研究所が発表したデータによると、国内には3,108ヶ所の温泉地があり、温泉施設の数は21,471軒にのぼる。

さらに、そこでの年間延べ宿泊者数は120,061,329人… 実に日本の総人口を上回る1億2千万以上もの人々が、温泉宿に泊まって心身を癒しているというわけだ。それを考えれば、「温泉めぐり」をライフワークにしている人がたくさんいるのも頷ける。

ちなみに、全温泉施設を1年でめぐるには1日あたり約59軒、もし1日1軒づつなら、実に59年もの歳月を要する。すなわち完全制覇は限りなく不可能に近い偉業だろう。

%e7%a7%8b%e4%bf%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89

さて。このデータが示す通り、我国の温泉産業は「温泉施設への宿泊」を前提に成り立っており、車中泊は未だ「例外」の域を出てはいない。

%e6%a0%83%e5%b0%be%e6%b8%a9%e6%b3%89

ゆえに、すべての温泉地が我々のような旅行者を歓迎しているとは限らないし、車中泊の歴史の中には、人気温泉地との間で幾多のトラブルを生んできた経緯もある。

つまり、車中泊の温泉旅を気持良く楽しむには、ホテルや旅館に泊まる時とは異なる基準の「温泉地選び」が必要と考えたほうがいい。

%e3%83%92%e3%82%b0%e3%83%9e

ところで… 筆者の肩書は「クルマ旅専門家」であって、温泉専門家ではない。時には野生動物の撮影に知床半島まで足を運ぶこともあるし、歴史の取材で坂本龍馬ゆかりの地を辿って旅をすることもある。

長寿の湯

とはいえ、温泉というのは旅の付き物で、それでもこれまでに300件を越える数の名湯・秘湯に足を運んできた。その経験から行き着いたのが、温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」という答えである。

%e6%b9%af%e5%8e%9f%e6%b8%a9%e6%b3%89

どんなにネームバリューがあっても、いい温泉旅館や共同温泉が揃っていても、車中泊環境が不十分では満足に至らない。しかも歓迎されていないとあってはなおさらだ。

世間の評価を一度脇において、独自の視点から全国の有名な温泉地を評価してみると、意外な事実が見えてきた。

<関連記事>

■「居心地のいい温泉地」と呼べる5つの条件

■車中泊(キャンピングカー)の温泉旅事情

 なお、筆者は「温泉巡り」と「温泉旅行」は別物と認識しており、その話についてはこちらの記事で詳しく触れている。

■温泉巡りと温泉旅行は「別物」

車中泊で温泉旅

スポンサードリンク