比叡山

知らなきゃ損する、比叡山延暦寺へのアクセスガイド 


 

延暦寺へのアクセス方法は、マイカーとケーブル、そしてルートは京都側と大津側の合計4つから選ぶことができる。
ただし、いずれも有料なので、それぞれの事情を事前に把握し、ムダのない方法を選択することが大切だ。

比叡山マップ

 マップ拡大表示

ケーブルカー&ロープウェイでのアクセス

叡山ケーブル

京都側は大原に近い八瀬、琵琶湖側は坂本からケーブルカーで比叡山にアクセスできるが、運営会社は異なっている。また琵琶湖側の坂本ケーブルは延暦寺に直通しているが、八瀬の比叡ケーブルは途中で、ロープウェイに乗り換える必要があるので多少不便だ。もっともクルマがあるなら、琵琶湖からわざわざケーブルを利用することはないだろう。

叡山ケーブル

京都側のケーブル八瀬駅の周辺には全く駐車場がなく、ここからのパーク&ライドは実質的に不可能である。

利用する場合は、叡山電車の比叡山登山口駅と隣接しているので、出町駐車場に車を置いて出町駅から電車で出かけるといい。京都に数日滞在する人にはこの方法がお勧めだ。ただし出町駐車場は地下で高さ2.1mまでとなっているため、キャンピングカーは入庫できない。キャンピングカーは京都御所西駐車場に停めて、出町柳まで歩くか公共交通機関を利用しよう。

またこの方法なら、午前中に比叡山、午後から貴船神社&鞍馬寺を周遊することも可能だろう。

map2

◆叡山ケーブルのオフィシャルサイト

◆坂本ケーブルのオフィシャルサイト

いっぽう、短期のクルマ旅では公共交通機関を利用するとクルマを置いた場所まで戻らなければならないため、時間的なロスが大きい。
クルマで延暦寺に行くには、有料の比叡山ドライブウェイを通るが、普段は渋滞の心配がなく、駐車場は無料で収容台数も十分にある。拝観後の動きを考えれば、クルマで訪ねるほうがベターだろう。なお世界遺産としての延暦寺を拝観するなら、桜や紅葉時期を外すほうがいい。

 

比叡山ドライブウェイでのアクセス

比叡山ドライブウェイ /滋賀県 大津市

 叡山ドライブウェイは、滋賀県大津市の田の谷峠から延暦寺東塔(根本中堂)・比叡山頂を結ぶ約8.1kmの有料道路。比叡山の山腹を走り、車窓から大津市街を始めとする琵琶湖の南岸一帯が一望できる。

比叡山ドライブウェイ /滋賀県 大津市

 また延暦寺東塔からは、奥比叡ドライブウェイに連結しており、別料金になるが、比叡山の西塔、横川を経て、おごと温泉や琵琶湖大橋に出ることができる。

 

比叡山ドライブウェイ /滋賀県 大津市

 ただし… よく分からずに利用すると、奥比叡ドライブウェイと両方走らされることになり、高くついた気分になるので、最初によく地図を頭に入れておくことが大切だ。

比叡山ドライブウェイは延暦寺をどう拝観するかと密接な関係があり、延暦寺は駐車場が無料なので、うまく利用すれば納得できる範囲の出費で収まる。

■比叡山ドライブウェイのマップと通行料金

 

根本中堂

【延暦寺の東塔(根本中堂周辺)のみを拝観したい場合】 

まずは、延暦寺に関する別記事をお読みいただきたい。

筆者は寺社仏閣に対して人並み程度の興味を持つ人には、東塔だけをゆっくり回られることをお勧めしている。それでも根本中堂で説法を聞けば、2時間近い時間が必要になるはずだ。

この場合は、大津市内・京都市内のいずれからアクセスするにしても、「田の谷峠料金所」を目指し、延暦寺の東塔又は比叡山頂を往復する。料金は普通自動車で往復1,670円。ただし、曜日に関係なく通行料金を支払う際に、JAF会員証かETCカードを提示すれば1500円に割引される。

 

【延暦寺全部を拝観したい場合】
安く上げる方法は、京都市内から下道の「下鴨大津線」を走り、「田の谷峠料金所」から比叡山ドライブウェイに入って、延暦寺経由で琵琶湖に抜ける、もしくはその逆のコースをとることだ。

これは九州や関東方面から来て、京都と琵琶湖を合わせて観光したいという旅行者にお勧めしたい作戦で、多少は高くつくものの、世界遺産の比叡山をマックスで見れると思えば悪くはない。

特に琵琶湖側は、道の駅・琵琶湖大橋米プラザの近くに出られるので、車中泊をするなら利便性は高いだろう。「田の谷峠料金所」から「仰木料金所」までの料金は普通車で2,380円だが、先ほどと同じくJAF会員証かETCカードを提示すれば2000円に割引される。

また上記のカードがなくても、このページの割引チケットを印刷して持参すれば割引が受けられる。

 

比叡山ドライブウェイでの車中泊について

夜景

 比叡山ドライブウェイからは大津市街の夜景が見え、途中にある「夢見が丘」のパーキングには、レストランとトイレがあるので車中泊をすることは可能だ。

夢見が丘

ただし、紅葉の時期でも11月30日までの営業時間は7:00~23:00(入場最終22:00)、12月1日からは朝9時からの営業になるのでご注意を。

 夢見が丘の詳細ページ

比叡山ドライブウェイのオフィシャルサイトはこちら。

 

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー