京都の「まちなか」車中泊スポット タイムス京阪三条


先斗町

京都に来たからには、夜は河原町か先斗町に飲みに出たい… そんな人にお勧めしたい、京都の「まちなか」車中泊スポットをご紹介する。

阪電車の三条京阪駅に隣接する「タイムス京阪三条」は、鴨川を渡れば、すぐに木屋町通り、先斗町、そして京都最大の繁華街である河原町通りにも出られる絶好のロケーションに位置している。

ガーデンモール

しかも、平日は1日最大料金と夜間料金設定があるため、午前10時から翌朝8時まで駐車しても、駐車料金は合計2400円となり、京都国際会議場や御所西駐車場で車中泊し、地下鉄などの公共交通機関を利用して飲みに来るよりも安くなる。それに何と言っても、飲み屋街から圧倒的に近い(笑)。

トイレ

公衆トイレがすぐ近くにあるのも大きな魅力だ。

タイムス京阪三条

ただ残念なのは、駐車場全体に傾斜があり、車中泊に適したスペースが少ないことだ。とはいえ、夜間はガラガラだと思うので、寝やすい場所が選べるだろう。

<平日料金>
当日1日最大料金1600円(24時迄)
最大料金は繰り返し適用
10:00-02:00 =30分 400円
 02:00-10:00 =30分 100円
昼間は1時間800円、つまり2時間以上停めるのであれば24時まで停めても料金は同じということだ。

東福寺

坂本龍馬にゆかりのある「酢屋」や「近江屋跡」の見学、さらには紅葉で有名な東福寺の見学時も、ここにクルマを置いて行くといい。

<土・日・祝料金>
10:00-02:00 =20分 400円
よく見ると1時間1200円で最大料金設定なし。休日は利用しないに限る(笑)

02:00-10:00 =30分 100円

タイムスの料金システム 詳細ページ

ゲート

駐車台数60台、入出庫可能時間24時間
高さ制限2.1mとなっているが、ゲートの屋根の出っ張りは短く、約2.4mのハイエースでも軽々と通過できた。

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする