相泊温泉/北海道・知床半島 羅臼


夏季限定の温泉

セセキ温泉から約2m半島先端方面に進んだ、相泊港に近い浜辺にある温泉。波打ち際にある湯船の底から熱い湯が湧出し、目前には半分埋まりかけたテトラが並ぶ。

相泊の湯

夏は湯船に小屋が掛けられ、定置・昆布採り番屋の漁師が疲れを癒し、コミニケ-ションを図る場となる。

相泊温泉

だが、シケで湯船自体が埋まることがあるため、入浴は夏季に限定され、かつ入浴可能日は不定期だ。現在は町の委託を受けた管理人が清掃を行っている。

%e6%b9%af%e8%88%b9%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%8b%e3%82%89

以下は以前のホームページに書かれていた注意書きの転用。現在はFaceBookで更新しているようだ。

水を出したら必ず止めて帰ること
自分が出していなくても、最後の1人になったら止めて帰りましょう。
浴槽内の石を動かさないこと
浴槽の底にはすのこが敷いてあります。動かすとすのこが浮き上がってしまいます。
忘れ物をしない。ゴミは必ず持ち帰ること。
毎年タオルや下着が大量に置き去りにされています。
洗面器は置き場に戻すこと
小屋なしのときは山側、小屋掛けのときは指定の場所に戻して帰りましょう。あたりまえですが、洗面器を持ち帰るのはやめてください。
地元民とのトラブルは避けること
ここは本来、地元漁師の公衆浴場です。どなたでも無料で入浴できますが、お客様ではありません。
駐車場含め周辺はキャンプは禁止です
野外での煮炊きはヒグマ誘引に繋がりますので絶対にやめてください。どうしても車中泊したい方は邪魔にならないよう端に駐車してください。

201405251734148f3

確かに駐車場にはトイレが有り、車中泊ができなくはない。だが、正直こういう場所での車中泊は、マナーどうこうよりも「みっともない」という思いが先行する。筆者が羅臼の漁師なら、蹴っ飛ばしてやりたくなるかもしれない。

所在地:〒086-1806 北海道目梨郡羅臼町相泊
現地電話なし。道道87号をセセキ温泉を越えて直進した海側に看板と駐車場がある。
電話番号:現地なし。問い合わせ先 0153-87-2126(羅臼町役場水産商工観光課)

営業期間:4月下旬~9月下旬8~9月に台風、高波により施設に被害が出ると判断した時点で小屋は撤去。日の出~日の入りに入浴可能(ただし時化ている時は浴槽内に波が入るため入浴不可)。屋根付浴槽有り(6月下旬~8月末まで)

駐車場 :あり
料金:無料
備品:なし

羅臼の見どころページに戻る

知床半島全体のガイドは↓


車中泊で温泉旅

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

北海道

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー