山里の湯/九重夢温泉郷・大分県


 知る人ぞ知る、天然高濃度炭酸温泉

お湯に浸かるとカラダに無数の細かい泡が付く温泉を、炭酸泉あるいはラムネ温泉と呼ぶ。有名なのは同じ大分県にある日本一の炭酸系温泉地である長湯温泉の「ラムネ温泉館」だが、そちらは「九州八十八湯」の人気温泉ランキングにおいて第1位に輝く人気ぶりだけに、本場の「シュワシュワ感」を味わうのは、けっこう骨が折れる。

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af1

は… 九重夢温泉郷の筌ノ口温泉のはずれに、温泉通から「奇跡の炭酸泉」と囁かれる「おゆば」があるのをご存知だろうか。

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af5

というのは、これから紹介する山里の湯は、2013年10月時点で、九重観光協会作成のパンフレットはもちろん、「るるぶ」・「まっぷる」の温泉専門ガイドにも登場しない「知る人ぞ知る温泉」だからである。 聞くところによると、かつて山里の湯は源泉が詰まり、2年間の休業を強いられていたのだが、修理したところ以前とは違う炭酸泉が湧き出し、営業を再開したという。

山里の湯/九重夢温泉郷・大分県

さて。興味があるのは「なぜ、ここのお湯が奇跡と囁かれるのか」だ。 通常の炭酸泉は、加熱されると成分が気化し、泡の付きが悪くなる。また同時に鉄分が錆びて茶色く濁ってしまう。つまり冒頭の写真のような泡付きは、体温に近い温度でなければ期待できないといわれてきた。 ところが… 山里の湯は40度近い温度で、透明感を維持し大量の泡が付着するのだ。 一部のブログでも書かれている通り、確かに温度・泡付きともに七里田温泉の下湯には及ばない。しかし、それは七里田温泉のクオリティーが突出していると考えるべきだ。

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af6

泡の効能についても記載しておこう。 バブなどの入浴剤でお馴染みの炭酸泉は、炭酸成分が皮膚から吸収されると、血管が拡張し、血流が飛躍的によくなるという。そのためヨーロッパでは、炭酸泉は古来から“心臓の湯”と呼ばれ、入浴療法に使われてきた。日本でも医療機関などで研究が進められ、その効果が注目されている。

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af7

ただ残念なのは、浴槽が非常に小さいこと。泡付きの良い湯船は2名でちょうどの広さしかない。幸いにも筆者が訪ねた時は貸し切り状態だったので、たっぷりシュワシュワ感を楽しめたが、ここでは混雑具合が心地良さに直結する。 それもあって、オーナーはあまり積極的に宣伝しないのかもしれない。電話番号が登録されていないので、カーナビの電話番号検索が使えない話をすると、そのことは認知しているが、あえてその手続きはしないという無言のメッセージを感じた。

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af4

余談になるが… ここは「すがもり小屋を伝える宿」と記された自炊宿を併設している。

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af8

長者原から噴煙が見える硫黄山のすがもり峠には、かつて有人の「すがもり小屋」があり、登山者の憩いの場として賑わっていたそうだ。

だが1995年10月の硫黄山噴火により、周囲は立ち入りが禁止され、すがもり小屋も一時営業を休止した。 硫黄山の噴火活動は翌年2月に沈静化し、すがもり峠の通行は可能になったが、経営者の吉田耕一氏が1月に急逝したため、小屋の扉は開かなかった。そして翌1997年、すがもり小屋は再開されないまま堅牢な石積みの外壁を残して撤去された。

現在見ることができるのは、2000年の秋に完成した新たな「すがもり避難小屋」で、山小屋の主人だった吉田耕一氏の娘さんが、山里の湯の若おかみとしてここで頑張っている。

これから先は筆者の勝手な想像だが、 上記の背景から察するに、おかみさんは炭酸泉が湧き出したことで、山には関心のない「温泉オタク」が怒涛のようにやってくるのを歓迎していないようだ。

本音は、すがもり小屋のように、九重の山歩きを楽しむ人々の疲れを癒すための温泉館でありたいのだろう。カメラをぶら下げ、大阪ナンバーのキャンピングカーから出てきた筆者も、最初はそんな輩の一人に見えたに違いない…

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e3%81%ae%e6%b9%af3

湯上りには、「すがもり小屋」の写真が飾られた休憩スペースで、少し山の話をして、素朴でちょっと暖かいおかみさんお手製のバナナミルクをいただいた。

【駐車場とアクセス】
  最寄りの建物は九重夢大吊橋で、県道40号の筌ノ口温泉の共同浴場に向かう路地との間の少し奥まった場所に建っている。道端に案内が出ているので、付近に来たら少しゆっくり走るようにしよう。駐車場は温泉の前にあって舗装されており、10台ほどは停められるスペースがある。

山里の湯の基本情報<2013.10月現在>
アクセスデータ
所在地 :〒879-4911大分県玖珠郡九重町大字田野1432-6 電話 0973-79-2516

営業データ
入浴料 :500円
営業期間 :通年
営業時間 :6:00~21:00(最終)
休館日: 無休

詳細データ 
源泉かけ流し
泉温 38.3度
泉質 含二酸化炭素-ナトリウム・マ グネシウム・カルシウム-炭酸水素塩-硫酸塩・塩化物泉
効能 リュウマチ、冷え症、にきび肌など
pH 6.3
 露天風呂: なし
貸切風呂:あり 50分2000円
休憩場所:あり
駐車場 約10台 無料

【最寄りの車中泊スポット】
●道の駅・玖珠

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら 噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

北海道

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー