ホテル中の島 紀州潮聞之湯(きしゅうちょうもんのゆ)/和歌山県 南紀勝浦温泉


作家の藤本義一が命名した開放感あふれる露天風呂

紀州潮聞之湯は、中の島の中に6本の源泉を保有する「ホテル中の島」の温泉浴場のひとつで、眼の前に波が押し寄せる太平洋へ、天然の硫黄泉を惜しむことなくかけ流している。壮大なロケーションと豊富な湯量を誇る南紀勝浦温泉がゆえの贅沢の極だ。

紀州潮聞之湯

紀州潮聞之湯

ただし、この超開放感あふれる露天風呂は「男性専用」。客室から丸見えなので致し方ないと思うが、女性用の展望露天風呂はいわば2Fにあたる位置に用意されている。

%e6%b4%9e%e7%aa%9f%e9%a2%a8%e5%91%82

広い露天風呂は写真の洞窟風呂にも通じており、様々なロケーションで楽しめる。場所によって温度が変わるので、好みの温度の場所を探すのも妙味だろう。

%e5%86%85%e9%a2%a8%e5%91%82

さらに男湯は、露天風呂と写真の屋内大浴場が通路で結ばれており、裸のままで行き来できる。寒い時期はこちらで十分温まってから露天風呂へ向かうといい。もちろん日帰り客にも屋内の大浴場が開放されている。

それが1000円で味わえるだけでも嬉しいが、ホテル中の島は「那智勝浦 湯めぐり手形」に参加しており、1300円で購入すれば、ホテル浦島の忘帰洞を含む他の契約施設の2件にも入湯できるから驚きだ。湯めぐり手形は、予め用意して行かなくても、ホテルの売店で購入すればその場で使える。

%e8%88%b9%e7%9d%80%e3%81%8d%e5%a0%b4

ちなみに漁港から中之島へは無料の渡船を利用する。所要時間は5分ほどで、船は頻繁に往復している。

紀州潮聞之湯 公式サイト
〒649-5334和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179-9
☎ 0735-52-1111(ホテル中の島)
入浴料:大人1000円・小人500円
●営業期間:通年
●営業時間:14時~20時
●定休日:不定休

南紀勝浦温泉の総合ガイドへ
南紀勝浦温泉

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

リアル車中泊

北海道

ザ・キャンピングカーライフ

サブバッテリー