京都 貴船・鞍馬へのお勧めパーク&ライドコース


駐車場が少なく道幅の狭い貴船や鞍馬にマイカーで行くのは、わざわざ渋滞に遭いに行くようなものだ。そこで公共交通機関を利用したお薦めのパーク&ライドをガイドしよう。

叡山電車の紅葉

【コースの概略】 ※電車の待ち時間は含まず

◆出町駐車場
⇓ 約5分
◆叡山電車 出町柳駅
⇓ 約30分
◆叡山電車 貴船口駅
⇓ 約30分
◆貴船神社
⇓ 本殿から奥宮までの観光込みで約60分
◆鞍馬寺西門
⇓ 西門から鞍馬駅までの観光込みで約90分
◆叡山電車 鞍馬駅
⇓ 約30分
◆叡山電車 出町柳駅
⇓ 約5分
◆出町駐車場

ちなみに、冒頭の写真にある癒し系のイラストマップは、出町柳駅で手に入る。

【駐車場】 

出町駐車場

普通車には叡山電車の出町柳駅にほど近い京都市営の出町駐車場がもっとも良い。

 出町駐車場

ただし地下駐車場で高さ2.1メートルまでしか入れない。ここは普通車の1日上限料金が1,200円となっており、確実にそれ以上時間を要する貴船・鞍馬の観光にはうってつけだ。

 出町柳駅

出町柳駅は駐車場を出て鴨川方面に進み、橋を渡った徒歩5分ほど先にある。一本道なのでまず迷うことはない。

 京都出町駐車場
●TEL:075-251-0222
●営業時間:6:30~22:30
●収容台数:159台

 京都御所西駐車場

なお、背の高いキャンピングカーの場合は、京都御所の西駐車場に停めて、そこからタクシーで出町柳駅まで出るといい。ワンメーターで行ける距離なので、歩いても20分ほど。御所の中を同志社大学の正門前に向けて斜めに横断すればもっと早い。

 

【公共交通機関=叡山電車】 

叡山電車

出町柳駅からは叡山電車の鞍馬線に乗車。貴船口駅までは約30分。料金はおとな410円になる(2011年現在)。市原駅から二ノ瀬駅の間に「もみじのトンネル」ができる紅葉の時期は、展望列車「きらら」への乗車がお勧めだ。普通列車と料金は同じだが、窓側からパノラマで景色が楽しめる。

詳しくは叡山電車のオフィシャルサイトを参照

【貴船口駅から貴船神社】 

貴船 紅葉

所要時間は徒歩でおよそ30分。貴船川沿いの一本道を歩く。駅からは市バスも出ているが、途中には紅葉の美しいポイントが点在するので、写真を撮るなら歩くほうがいい。

 ちなみにバス停は叡山電車「貴船口駅」を出てすぐのところにあり、貴船までの所要時間は渋滞がなければ5分ほど。道中のバス停は、料理旅館「栃喜久」と「河鹿」の間の観光バス駐車場にある。なお貴船口⇔貴船間は停留所以外の場所でも乗降が可能。停留所以外では早い目に手を上げて合図しよう。

時刻表は京都市営バスのウェブサイトを参照

【貴船神社】

貴船神社

詳しい見どころは、「紅葉の貴船神社」のページに記載。

【木の根道】

木の根道

貴船神社に着く少し手前に鞍馬寺の西門があり、「木の根道」とも呼ばれる未舗装の山道を通って金堂へ抜けることができる。

貴船から鞍馬寺の奥の院「魔王殿」までは、ひたすら上り道で所要時間は約20分。ただし、そこから先は鞍馬駅まで下り道が続く。逆から来ることも可能だが、貴船から鞍馬に抜けるほうが精神的には楽だろう。

【鞍馬寺】

鞍馬寺

詳しい見どころは、「鞍馬寺」のページに記載。

 帰りは鞍馬駅から乗車する。運賃は貴船口と同じく410円である。
なお、その日に車中泊をされる方は、市内に日帰り温泉施設がないので、くらま温泉で汗を流してから戻られたほうがいい。入浴料は1000円と割高だが、鞍馬駅から無料の送迎バスが出ているので歩く必要はない。

蔵馬の天狗

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー