車中泊で行く、神戸ルミナリエ


神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、神戸の街と市民に大きな感動と希望を与えた。

神戸ルミナリエ

以来、震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年欠かさず開催されてきた。写真は2010年16回目の神戸ルミナリエ作品。テーマは「光の心情」である。

 

ルミナリエ

 また神戸ルミナリエは、イタリアのアートディレクター、ヴァレリオ・フェスティ氏と神戸市在住の作品プロデューサー、今岡寛和氏による”光の彫刻作品”のことでもある。
「ルミナリエ」の語源は、イタリア語のIlluminazione Per Feste(祝祭のためのイルミネーション)。ルミナリエ作品はヨーロッパ・バロック時代に盛んに創られた祭礼、装飾芸術のひとつとして誕生した、光の魅力を駆使する建築物を起源としている。

神戸ルミナリエ 公式サイト  

 

rumi3.jpg

 さて… 現在では12月のイベントとしてすっかり定着をはたし、全国から2週間の間に約400万人が訪れるという。当初はクリスマス当日まで実施されていたが、イブ1日で約60万人が詰めかけたことから、警備に莫大な資金が必要になることと、ルミナリエに人が流れ、売り上げが落ちたという地元商店街の声に配慮して、現在は12月初旬から中旬に開催するようになった。

 警察

期間中、会場には 「100円募金にご協力下さい」と書かれた箱が設置され、プラカードを持つスタッフの姿もよく見かける。集まった募金やグッズ等の売上金の一部は開催経費に充てられるが、年々資金繰りは悪化しており、今後の開催が危ぶまれている。

毎年400万人もの観客を動員するにもかかわらず、資金が不足するのは、その対価を支払わない客層に一因があるとも考えられているようだ。また震災から15年がたち、近年では当初の目的である震災犠牲者を鎮魂するイベントの意味合いが薄れ、単なるクリスマス期のイルミネーションイベントになっているといった批判的な声も出ているという。

rumi6.jpg

 確かに、神戸ルミナリエには「総論賛成・核論反対」となる要素が多い。
その趣旨に異論を唱えるものはいないだろうが、60%を割る新卒大学生の就職率にあえぐ現在、LEDでもない20万個もの電球を使ったイルミネーションを、ここまで大々的にやってもいいのか? この年のルミナリエを見てそう思ったのは筆者だけではなかっただろう。だが反面、何もかもを不景気という言葉を盾に封じ込めることが正しいとは思わない。答えは分からないが、違和感だけはぬぐえなかった。

 

rumi5.jpg

 そのルミナリエが飾られる旧居留地から、海に向かって国道2号を超えるとメリケンパークがある。ここは龍馬伝で登場した「神戸海軍操練所」のあった場所でもあるのだが、その公園の一角には写真のような震災の傷跡を当時のまま残している場所がある。もし、ルミナリエに行かれた際には、この地へも足を運んでみて欲しい。

ルミナリエに最適な車中泊スポットと温泉情報はこちら。

 有馬温泉&神戸ルミナリエを車中泊で巡るクルマ旅ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー