雲海と「あなたへ」のロケ地で有名 竹田城跡


竹田城は、兵庫県朝来(あさご)市和田山町にあり、日本100名城の56番目にリストアップされる国内屈指の山城跡だ。近畿有数の雲海スポットとして有名なだけでなく、古くは「天と地」、最近では1012年に放映された高倉健主演の「あなたへ」、さらに2014年のNHK大河ドラマ「軍師勘兵衛」のロケ地として、その名を多くの日本人に知られている。

竹田城跡/兵庫県 和田山

標高約354メートルの山頂に位置する竹田城跡は、嘉吉年間(1441-43年)に但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされ、太田垣氏が5代にわたって城主となったが、織田信長の命による秀吉の但馬征伐で天正8年(1580年)に落城した。

最後の城主・赤松広秀が整備したと伝わる現在の竹田城の規模は、南北400メートル、東西100メートルにおよび、完存する石垣遺構としては日本屈指の呼び声が高い。遠くから眺めると、山上にまるで虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも呼ばれる豪壮な石積みの城郭は、天守台を中央に、南千畳・北千畳・花屋敷が放射線状に配されており、願わくば当時の全容をぜひ再現して欲しいと思うばかりだ。

 立雲峡

さて。その竹田城跡周辺では、秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に朝霧が発生し、但馬の風物詩となっている。雲海に包まれた竹田城跡は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、幾多のウェブサイトやガイドブックなどの紙面に「日本のマチュピチュ」と紹介されることも多い。

雲海夜明け

ちなみにその幻想的な光景が見られる時期とタイミングは以下の通り。

●時期 
9月~11月。※2月末までは見られるが、晩秋が一番発生しやすい

●時間
明け方から午前8時頃まで

●条件
1.当日、日本海に高気圧の中心があること
2.よく晴れていること
3.朝方と日中の気温の差が大きいこと
4.風が弱いこと

 

竹田城跡

ところで、その竹田城跡の雲海撮影スポットが実は3ヶ所あることをご存知だろうか。
その違いは、「竹田城跡から雲海を眺めたいのか」、「雲海に浮かぶ竹田城跡」が見たいのか… に起因している。

ここではまず、その3ヵ所についてガイドしよう。

<竹田城・雲海撮影スポット1 竹田城跡>

竹田城跡の雲海

石垣だけが残る竹田城跡に登り、その敷地から撮影する。

竹田城址P

2014年3月以前は、竹田城跡の看板を頼りに花屋敷下の無料駐車場(15台程度)に車を置き、約20分ほど舗装された坂道を登れば夢を叶えることができた。しかもここにはきちんとしたトイレと自動販売機があり、車中泊も可能だった。
ただし、2014年3月以降は、ここへのマイカー乗り入れは通年・全面禁止となってしまった。かわりに現在は「雲海バス」が運行されている。

ちょうど今年がその「切り替え年」にあたるため、インターネット上には2014年3月以前の古い情報と、以降の新ルールによる情報ページが混在しており、初めての人には「本当の正しい行き方」がよくわからないのが実情だ。そこで最新の正確な情報を11月に現地取材し、以下のページにまとめている。

竹田城跡の雲海撮影 2014最新アクセス&車中泊情報

ゆえにこの記事では、アクセス方法ではなく撮影ポイントの説明に絞って話を進める。

<竹田城・雲海撮影スポット2 立雲峡>

立雲峡2

 ポスターやガイドブックでお馴染みのこの光景は、立雲峡から望遠レンズで撮影したものである。展望台までの登山道は竹田城よりもかなりハード。秋が深まれば、足元もトレッキングシューズがなければ危険であろう。

立雲峡有料駐車場

トイレが新しくなった立雲峡の駐車場。かつては無料だったが、2016年には有料(300円)になっていた。

展望台

 第一展望台。展望台よりも展望所と呼ぶほうが相応しいような状況。視界が広がっているだけで足場は急な斜面で10人が入れるかどうか… 初冠雪の日は、日が昇ってからではカメラ三脚を出すところは、たぶんない(笑)。

<竹田城・雲海撮影スポット3 東和峠>

東和峠

竹田城跡を挟んで、立雲峡の反対側から竹田城が見えるポイント。ご来光と雲海、城跡が見られるが、モロに逆光となるためスマホでの撮影は難しいかもしれない。

東和峠2

 道の途中にあるため、このポイントだけは現在でもクルマでアクセスできる。ただし駐車できる台数は5.6台で、後は周辺に路上駐車となる。

ここで重要なのは、1回の訪問で3ヶ所を一度に周ることは「時間的に不可能」であるということ。撮影ポイントの2と3は、要領よく行動すれば可能だが、3で日の出を撮って2に到着する頃には、雲海はかなり減っていることを覚悟しよう。1はそれだけ狙いで行くしかないだろう。続きは以下のページで。

竹田城跡の雲海撮影 2014最新アクセス&車中泊情報

<関連サイト>

城崎温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅