長野県・渋温泉 「金具屋」実泊レポート


日本各地をまわる旅人なら、たとえそれが車中泊でも「一度は泊まってみたい」と思う宿に出会うはずだ。筆者と家内にとって、渋温泉にある「金具屋」はそんな温泉宿のひとつである。

2010年の冬にスノーモンキーで有名な地獄谷公苑の取材で渋温泉街を通った際に、この重厚感ある館の前で、ふたり揃って「一目惚れ」に陥った。

実は、2011年の4月に東北取材を兼ねて、そのささやかな夢を叶えるべく筆者はこの宿を家内に内緒で予約していた。だが、直前に東日本大震災が発生して取材は中止、急遽全く逆方向の山口県に行くことになった。しかし縁というのはあるもので、2年後に再びチャンスが訪れ、今度は見事にサプライズが演出された。

さて、温泉宿にもかかわらず、金具屋という屋号に不自然を感じる人はいないだろうか。
金具屋の創業は1758年。今から256年前の江戸時代・宝暦8年に遡るが、その当時は宿ではなく、馬具の整備や蹄鉄を作る鍛冶屋だった。店の前は善光寺と草津を結ぶ草津街道で、渋温泉は当時から志賀高原越えの宿場町として栄えていたが、宝暦四年(1754年)に裏山が崩れ、宿場はほぼ半分が土砂に埋まるという壊滅的な被害を受けてしまう。

その災害の復旧中に敷地内から温泉が湧出し、それを機に宝暦八年(1758)に宿屋となった。前身が鍛冶屋であったため、当時の松代藩主から「金具屋」と命名されたというのが由来だそうだ。

もっともこんなことから事細かく書いていたのでは「宣伝料」を頂きたくなってしまうので(笑)、この先は金具屋の9代目となる若大将が書いているオフィシャルサイトでご覧いただくとしよう。

さて。筆者が紹介したいのは、部屋でも温泉でも、ましてや料理でもない。そういうものは「温泉本」の十八番で、それらとは違う「お金を払って泊まらないと分からない切り口」から迫りたい。

そのイチオシが、国の重要文化財に指定されている冒頭の写真で見せた木造四階建ての「斉月楼」だ。なんと金具屋では、宿泊客を対象にその「内部見学ツアー」をやっている。参加費はもちろん無料。これは解説を聞いて見れば見るほど興味深く、設計までに宮大工を連れて約1ヶ月間日本国内を周ったという六代目西山平四郎の熱い想いが伝わってくる。まさに老舗ならではのワクワクするイベントだった。ちなみに、現在の建築基準法では「斉月楼」は建てられない。「燃えたら最後」という誘い文句も、重文、いや十分な説得力を持つものだった。

そしてもうひとつは、温泉ではなく「源泉」。金具屋は4つの自家源泉を保持しているが、その見学ツアーもやっている。さすがにマニアックなのか、このツアーに参加したのは筆者夫婦だけだったが(笑)。そのせいか、最後に素晴らしいプレゼントをもらった。

袋の中身は源泉のパイプにびっしり付着した白い個体。その正体は美肌成分としてよく知られる「メタケイ酸」だ。筆者は金具屋のこういう「したたかさ」が大好きだ。考えてみればパイプの付着物など通常はゴミでしかない。しかし、それを砕いてお湯に溶かせば、実に高濃度の「美肌の湯」が作れてしまうのだ。素晴らしいリサイクルではなかろうか…

ついでに、下敷きにしている本は、筆者の著書。こんな内容がうまいことまとめてあると思っていただければいい(笑)。

PS

この本はおかげさまで完売し、2017年に「重版出来」となった。

最後に、金具屋には8つのお湯場があり、言うまでもなく全てが源泉かけ流しだ。もちろん完湯。それだけじゃ当たり前すぎるので、ついでに9つの外湯も全て入り尽くして帰ってきた。渋温泉の外湯めぐりと車中泊事情はこちらでどうぞ。

金具屋
〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202
℡0269-33-3131

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする