嵐山・嵯峨野の「穴場」車中泊スポット 道の駅 ガレリアかめおか


京都の西の玄関口、そして丹波との境にあたる亀岡市は、戦国時代末期に明智光秀が丹波亀山城を築いたことで知られている。また亀岡は、嵐山に通じる保津川下りとトロッコ列車の「始発地」としても知られている。

京都嵐山

大混雑が予想される紅葉時期は、その亀岡からJRのパーク&ライドで嵐山に行くのが賢明だ。嵐山一帯は駐車場が少ないうえに料金も高い。

嵐山

そして何より「道が狭く人が多いため、全く思うようには走れない」…

 ガレリアかめおか

その観点からすると、道の駅・ガレリアかめおかは嵐山・嵯峨野観光における理想的な車中泊地といえる。
この道の駅は、嵐山の渡月橋から約28キロ、クルマなら40分ほどで到着できる位置にあるが、特筆すべきはJRの利便性だ。

山陰本線

最寄りの亀岡駅から嵯峨嵐山駅は、たったの3駅先である。しかも山陰本線なので便数も多く、朝夕は1時間に4本の電車が出ている。

 JR山陰本線(嵯峨野線)の路線駅と時刻表

JR亀岡駅

「ガレリアかめおか」からJR亀岡駅までは約1.5キロ。駅前には待合用の駐車場があるが、道の駅とあわせて、クルマを長時間置きっぱなしにするパーク&ライドで利用するのはマナー違反だ。特にキャンピングカーはそうでなくても疑われるので、用心にこしたことはない(笑)。

亀岡駅前コインパーキング

駅から徒歩2.3分のところにあるイオンに、終日400円で利用できる駐車場が隣接しており、京都市内の観光にはここを利用するのがお勧めだ。嵐山に1時間1200円というパーキングがあることを思えば、亀岡はまるで「異国」とも思えるほど貨幣価値が高い(笑)。

トロッコ嵯峨野

加えて亀岡と嵯峨野間には、JRとは別に「嵯峨野観光鉄道」のトロッコ列車が運行している。

チケット

ただし、桜と紅葉の季節は団体ツアーが良い時間帯の便を買い占めているため、プラチナチケットになる。こちらを利用するには、早めの予約か平日の始発、あるいは終電が狙い目になるだろう。

嵯峨野観光鉄道のオフィシャルサイト

馬堀駅

なお、トロッコ亀岡駅はJR馬堀駅から約500メートルのところにあり、JR亀岡駅とは1駅以上離れている。しかし馬堀駅周辺にはいい駐車場が見つからない…

そのため、行きはJR、帰りはトロッコ列車という使い分けがしたい人は、次の方法がお勧めだ

トロッコ亀岡

クルマを「トロッコ亀岡」駅前の有料駐車場(終日500円)に置き、行きにトロッコ列車を利用。帰りはJR馬堀駅で下車し、トロッコ亀岡駅まで歩く。もちろん逆も可能である。

道の駅・ガレリア亀岡

 今度はガレリアかめおかでの車中泊時の留意点について。資料には駐車場は400台収容と書かれているが、実際に車中泊ができる場所は50台程度しかない。しかもここは朝市やイベントが盛んであるため、休日の朝にゆっくりとしていられる環境ではないだろう。

ガレリア亀岡

 なお、かつては大浴場とレストランを併設していたが、2014年11月現在、ともに営業は行われていない。

竹乃湯

最寄りの入浴施設は銭湯の竹乃湯(☎0771-22-2669)で、道の駅から約700メートル、JR亀岡駅に行く途中にある。駐車スペースは3台ほどしかないので、徒歩で行く方が安心だろう。

またクルマで15分ほど行ったところにある「湯の花温泉」では以下の施設で日帰り入浴が可能だ。ただし時間は夕方まで。
里山の休日 京都・烟河(けぶりかわ)
☎0771-26-2345
11:00~16:00(受付15:00迄)
大人700円

道の駅・ガレリアかめおか 
〒621-0806 京都府亀岡市余部町宝久保1-1
TEL. 0771-29-2700(代)

普通車駐車台数:約400台 ※地下駐車場を含む。24時間利用可能は57台 

 

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅