初夏の南房総 取材旅


昨日の午後、ピンポイント取材で出かけた房総半島から帰宅した。
水曜日の夜に家を出て、その日は刈谷HWで車中泊。目標は新東名の浜松SAだったのだが、襲い来る睡魔に勝てず、ひと足早い場所で切り上げとなった。刈谷HWには温泉が隣接しているが、夜間はハイウェイオアシス側のトイレが閉まるので、パーキング側で車中泊をするほうがラクである。 翌朝は見事な朝焼け…
この調子なら天気はどうやら持ちそうだ。

新東名高速

現在、新東名は浜松いなさICから御殿場JCTまでが開通しており、名古屋方面からは三ヶ日JCTで東名と分岐する。清水トンネルを超えると写真のように富士山が大きく迫り、天気が良ければその勇姿に出逢えるだろう。

横須賀

この日は新東名から、朝の通勤ラッシュが予想される首都高速を回避し、横須賀経由で浦賀からフェリーに乗って房総半島を目指した。

浦賀水道

運行時間は40分。アッという間に金谷港に到着する。写真は房総半島の鋸山展望台から見た浦賀水道と東京湾フェリー。  

ペリー記念碑 浦賀

さて。実は今回筆者が浦賀に立ち寄った理由がもうひとつある。それはホームページ「車中泊でクルマ旅」の特集のひとつとして、龍馬の足跡を辿る旅路の取材のためだ。

龍馬が千葉道場での武芸修行の期間中に、ペリー率いる黒船4隻が浦賀に来航した。遊学中の身であった龍馬だが、土佐藩から動員され、品川の沿岸警備に当たる事になる。
ところが…龍馬は持ち場を離れ、勝手に浦賀へ黒船見物に出かけてしまう。 大河ドラマでは、そこで長州藩士の桂小五郎と再会し、2人は巨大な黒船を目の当たりにするという設定だったが、覚えているだろうか。

家族に宛てた当時の手紙には「戦になったら異国人の首を打ち取って帰国します」と書き送っているように、当初は龍馬も攘夷思想者のひとりであったが、異国文化を目の当たりにして、世界と対等に渡り合うには、大きな船とそれを動かす人材が必要だと悟り、全く逆の開国の考えに傾倒していく。その意味で、浦賀は龍馬を語る上での重要なポイントのひとつだといえるだろう。

ウルメイワシ刺身 番屋

話が逸れたが、房総半島上陸の初日の空模様は、明るいながらも青空はなく、景色のロケは先送りにして道の駅やグルマ関連の撮影からスタートすることにした。この日の一番は、写真のウルメイワシのお刺身。初めて食べたが、これは龍馬風にいうなら、「まっこと旨かったぜよ!」である(笑)。

キャンピングカー ウィズ

翌朝からは天気予報が見事にはずれて、眩しいまでの夏空に恵まれた。そこで一気にドライブモードに切り替え、そのまま外房に向かう。

ビーチバーベキュー

昼食は無人島前のビーチでBBQ。謎の美女も登場して、いよいよ気分は最高潮… 謎の美女の正体はいずれ分かる(笑) 

海ほたる

九十九里浜まで外房をドライブした帰りは、東京アクアラインで海ほたるに寄り道した。ここからでも東京スカイツリーがはっきりと見えたのには、ちょっとビックリ… 木曜日があいにくの曇天で予定がずれ込んだために、東京ディズニーシーは次回に繰越しとなった。

※2012年7月の記事です。

当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容が、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。ブログを書き続ける励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする