「RAILWAYS(レイルウェイズ)Ⅰ」の舞台 島根県雲州平田


うちの家内の実家は、島根県出雲市にある。かつては平田市であったが、市町村統合で出雲市に併合された。松江と出雲の真ん中に位置する平田には、宍道湖以外に特筆するような観光スポットはなかったのだが、2010年に放映された映画「RAILWAYS(レイルウェイズ)」により、60万人もの人がこの町のことを知るようになった。

レイルウェイズ

RAILWAYSは、島根県のローカル路線・一畑電車を舞台に、俳優の中井貴一演じるエリートサラリーマンが、子どもの頃の夢だった電車の運転士に転職する物語で、鉄道ファンだけでなく、中高年サラリーマンを含む幅広い層の共感を得た。好評を受け、舞台を富山県に移し、今度は三浦友和と余貴美子が夫婦役となった2作目も作られている。

RAILWAYS

 デハニ50形

その一畑電車の「雲州平田駅」には、映画で使われた「デハニ50形」の車両が保管されている。今回、筆者はまさに偶然、というよりは「神様のお導き」によって、「動くその車両」を撮影する機会に恵まれた。

デハニ50形というのは、一畑電車最古参の車両で、年々部品の確保と維持が困難となり、ついに2009年(平成21年)3月29日の「さよなら運転」をもって営業運転を終了した。その後は映画撮影時を除いて、雲州平田駅構内に留置、もしくは出雲大社前駅で展示されてきた。ただ、飯野公央島根大学准教授らで構成される「デハニ50形活用検討協議会」により、動態保存を推奨する提言の原案がまとめられる方向で、時期や区間は限定されるものの、復活運行される可能性が高くなっている。その一環なのだろうが、デハニ53は雲州平田駅構内で毎週金曜日~日曜日に開催される体験運転用に活用されていたのだ…

Railways

お墓参りで帰省していた筆者は、日曜日の早朝に、偶然その様子をテレビで見ていた。
それから所用で家内を乗せて平田の町に向かったのだが、道路工事で迂回をしたことで、たまたま駅の前を通ることになった。まあそれならと車を降りて駅舎に入ると、なんとそこには、朝のテレビに映っていた大阪のファンの姿があった。ラッキーにも、この日は体験運転日だったのだ。

筆者は「てっちゃん」ではないので、その運転に興味はないのだが、たとえ駅の敷地内とはいえ、本物の列車の運転ができるのは、鉄道ファンには心揺さぶられる話なのだろう… 興味のある方は下記のサイトに、その詳細が記載されている。

デハニ50形

当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容が、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。ブログを書き続ける励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅