京都の紅葉 大原/寂光院


 

 この週末は、いよいよ本格的に色づいてきた京都の紅葉を取材にでかけた。といっても土曜日はほぼ終日雨だったため、出発は夜の8時過ぎ。信州は遠いが京都は実に近い(笑)。

桂川PA

日帰りでも良いのだが、朝一番りを目指して桂川PAで車中泊した。中国四国方面から京都に来るなら、このPAが一番便利。PAとはいえ、フードコートがあり、ガソリンスタンドがないことを除けばSAと大差はない。
ただ京都市内は、ますますパーク&ライドの規制が強化されつつあるようで、東福寺のように大きな駐車場を持つ寺院でさえ、この時期はマイカー禁止になっている。ゆえに、とりあえずブラっと京都の紅葉を見に行こうなんて甘い考えは、都では全く通用しない。エリアごとに、どこにクルマを停めてどう周るかという綿密なプランがないと、モノの見事に弾かれる。

寂光院

さて、今回の取材先は大原。もちろん車中コースガイド西日本編の取材である。近畿以外にお住まいの人にとって、やはり京都は魅力のある旅先、紅葉時期となればなおさらだろう。不自由度が増した京都だけに、「車中泊で周る京都の旅」はますます価値の高い情報になるに違いない. そう思い、実は3シーズンかけて筆者なりの紅葉周遊プランを練って取材を進めてきた。それを2013年発売の書籍で紹介することにしたのだが、その中で唯一紅葉のシーンが欠けていたお寺が、写真の寂光院だった。

建礼門院

寂光院は建礼門院が晩年を過ごされたお寺で、まさにこれからクライマックスを迎える大河ドラマ「平清盛」との縁も深い。建礼門院とは、中宮徳子すなわち平清盛の長女で、清盛の孫にあたる安徳天皇の母君である。壇ノ浦の合戦に敗れ、安徳天皇とともに入水自殺を試みるが、徳子は源氏に救出され、やがて大原の地で平家一門と幼き安徳天皇の冥福を祈りながら過ごしていく。

祇王寺

PS
京都には他にも平家物語ゆかりのお寺が幾つかあるので、合わせて紹介しておくと、昨日の放映にも登場してきた3人の白拍子が眠るお寺が嵯峨野にある。祇王寺は小さなお寺だが、3人の切ない物語を知って訪ねると感慨ひとしおとなるに違いない。ドラマでは次回にその顛末を語る時間は無さそうに思うので、興味があれば物語をぜひご自分で調べてみよう。祇王寺で検索すれば、いとも簡単に解るはずだ。

鞍馬寺

こちらは神木くん扮する牛若丸が、若き日に修行を重ねた鞍馬寺。

 京都は嵐山、東山、祇園といった地域割りでガイドされることが多いが、本当に面白いのは、時代割りで見たい場所を辿ることだと筆者は思う。

今日は平家物語の例を挙げたが、他には「幕末」という時代で割ってみると、蛤御門の変があった京都御所、龍馬が愛した伏見の寺田屋、同じく龍馬が眠る霊山護国神社、そして大政奉還が決まった二条城など、全く異なる寺社仏閣にスポットがあたる。さすがにそこまでは書籍に書けないので、この話は「車中泊でクルマ旅」のサイトにいつか具体的に掲載したいと思う。

当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容が、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。ブログを書き続ける励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする