桂浜の坂本龍馬を訪ねる 秋の四国車中泊旅


 

 2012年11月21日の夜に家を出て淡路SAで車中泊し、22日から四国の瀬戸内側を旅している。

屋島

 香川県では、まず屋島へ。大河ドラマ「平清盛」におそらく登場するのでは…と思うのだが、下関だけでなく、実は屋島にも壇ノ浦があるのをご存知だろうか。景観は下関の壇ノ浦よりもこちらのほうがずっといい。
ところが… 運悪く小学校の遠足とぶつかって撮影には大往生。普段は静かであろう史跡も、この日はキャピキャピの芦田真菜だらけであった(笑)。

四国3

 続いて「さぬきうどん」。通算では3度目になる今回の行先は源内と宮武うどん。写真は宮武うどんの店内のヒトコマ。

芸能人の色紙を見て、ん?、おお!、え~!! 月の明かりの文字で気づいたのだが、そこには今年の5月に来店していた桑名氏のサインが。まだ温もりが残っていそうに思えたなぁ~、年を追うごとにカッコよく見えたソウルシンガーのご冥福を改めて祈りたい。

別子銅山

 讃岐で一泊して、昨日は新居浜、今治をまわり現在は松山の道後温泉にいる。新居浜では別子銅山に行く途中で、素晴らしい紅葉の渓谷美を見た。これほど美しい渓谷はなかなか見当たらない。

四国5

今治では本日オープンというスーパーに立ち寄ったが、別子の紅葉に負けないくらいのインパクトを受けた買い物を経験… そりゃ、酒もすすむ(笑)。

松山

さて。松山には今年の春にもテレビのロケで来たのだが、松山の町は落ち着きがあって筆者は好きだ。今回は坂の上の雲の主人公、秋山兄弟の生誕地に足を運んだ。

道後温泉

さあ、まもなく夜が明ける。
今日は宇和島を超えて土佐清水、四万十を訪ねる。お天気が回復すれば美しい海と清流の写真が撮れそうだ。

佐田の沈下橋

3連休の後半は、天気予報どおり南国土佐も晴天に恵まれた。この日は道後温泉から高速道路を利用して宇和島北まで南下し、十和町の先から四万十川に合流した。ここから、広大な四万十川の河口までに幾つかの有名な沈下橋が架かっている。

写真は中でも最も有名な佐田の沈下橋。
一年半ぶりに訪れたのだが、以前はなかった国道沿いの広い駐車場に驚いた。

四国の国道

四万十川の沿道は、下流に行くほどこのように片側1車線のクネクネ道が続く。そのため走行には神経と時間を要する。また、頭上にも木が覆うように茂るところがあるので、バスコンやキャブコンでは左右上下に気を使わなければならない。まず行かないほうが無難だろうが、佐田の沈下橋に行くには秘策がある。なんてったって観光バスが来るのだから…。
答えは中村まで広い道で出て、そこから佐田の沈下橋まで四万十川を遡ればいい。

カツオのタタキ

この日は足摺岬で夕刻を迎えた。四万十川沿いに限らず、四国の道路は総じて細いところが多い上に、カーブだらけ… おまけに外灯が殆ど無いので思った以上に進まない。そのため、外周を全て周ることを断念し、翌日は高知の市内を取材し、午前のうちに徳島の鳴門に出ることにした。写真は土佐清水の黒潮市場で食べたカツオのたたき。ほとんど刺身に近い状態だが、全く臭みがない。

桂浜

翌朝の桂浜。写真はお馴染み、坂本龍馬の銅像だ。ちなみにこの銅像がキレイに見えるのは、正面に日が当たる午前中で、午後になると顔が真っ黒になってしまうため、ストロボが必要になる。だが、今回筆者がここに来たのは、このカットを撮るためではなかった。

龍馬の銅像

視線の先に広がる大海原。海援隊の生みの親である龍馬らしい表情は、ファンなら一度は見たい・撮りたいシーンだと思う。そう、この構図を撮りにやって来たのだ。

イベント

高知県は2009年の龍馬伝放映以降も、こうした粋な企画で観光行政を進めている。ただ、坂本龍馬に限って言うなら、晩年に活躍した長崎や京都に行くほうが、ゆかりの地は多く残されている。

高知城

高知の本当の見どころは、秀吉と家康に仕えた名将、山内一豊が築き、江戸時代に建造された天守や追手門等が現存する高知城だろう。木造の追手門と天守閣がそのまま残るお城は、現在の日本には高知城を入れてわずか3つしかない。

大鳴門橋

旅の最後は、初日に悔しい思いをした鳴門でリベンジ。ロケハンで見つけておいた大鳴門橋を真正面から撮れる絶好のフォトスポットで撮り直しを終えて帰宅。これで年内の大きな取材は全て終了。Wizは購入後7ヶ月で約3万キロを旅した。

当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容が、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。ブログを書き続ける励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅