明暗分かれる車中泊地の現状/乗鞍観光センターとあかんだな駐車場


乗鞍観光センターといえば、筆者が子供たちを連れて、スキーや乗鞍岳に通ってきた、20世紀からのメジャーな車中泊スポットである。

かつては誘導する係員さんが、「こちらのほうが静かでいいいよ」と、今は閉鎖している未舗装の臨時駐車場にわざわざ案内をしてくれるほど、車中泊の旅人に親切なところだった。

状況が一変したのは、2008年にカーネルの取材で訪れたころからだ。トイレには「オートキャンプ禁止、車中泊禁止」の表示がデカデカと貼られ、ついにはキャンピングカー利用禁止の看板まで登場する。

よほど腹に据えかねる輩がいたのだろうが、それは真面目な旅人を、この地から遠ざけることにもつながってしまった… 
ゲレンデも温泉も、そしてライチョウがいてご来光が見られる山も、日本で「ここにしかないわけではない」。

いかなる理由があるにせよ、「お前らは来るな!とばかりの態度を取られれば、「誰が来るか、こんなとこへ」となるのが、普通の神経をした旅行者というものであろうし、見知らぬ者同士でも、こういう排他的態度に対しては、意図せずとも「団結意識」が働く。

それから4年を経て、昨年あたりから風向きが少し変わったようだ。
具体的にここでは何が禁止行為であるのかが明記され、単なる「オートキャンプ禁止、車中泊禁止」のサインは撤廃された。はてさて車中泊に精通する人がこの地に携わってくれたのか、年々減少傾向にある旅行者数回復のための施策なのか、それは筆者にはわからない(笑)。 

「立て看板」に書かれているのは、以下の内容だ。
駐車場利用のお願い 禁止事項
■野外での飲食(夜間) 
■発電機の使用
■調理・炊事
■花火
■ゴミの廃棄
■サイドオーニング・タープの使用 
■テーブル・チェアの使用
■衣類等の天日干し

数年前の「素人丸出しの表現」に比べると、これは素晴らしい改善である。なぜなら、この表示により実質的に車中泊は解禁されたわけだから… 道の駅を利用する今の大半の車中泊旅行者は、上記のことなどせずとも、一夜を明かすことが簡単にできる。
途中でお弁当を買ってくるか、湯けむり館で湯あみのついでに外食すればいいだけのこと… つまりは「関係のない話」。

実はもともと多くの人にはそうだったのだ。道の駅は一日も早くこの看板を見習うべきではないだろうか…

 いっぽう、奥飛騨温泉郷の栃尾温泉にある荒神の湯では、驚くべき暴挙がなされていた。

駐車場の入口にわざわざロープを張り、高さ220センチ以上のクルマは、事実上「お断り」にしている。乗鞍高原と同じく、にっくきキャンピングカー(爆)を締め出すための「苦肉の策」なのだろうが、これではルーフラックを積んだミニバンもタッチアウトになる。

あまりにやることが幼稚すぎて、奥飛騨温泉郷全体のイメージを落とすことにもなりかねないと思うのだが… いや、良識あるベテランたちの間では、もうそういう認識が定着しているに違いない。

あかんだな駐車場

あかんだな駐車場のあり方を含めて、高山のお役人さんは、一度くらいはトンネルの向こうの松本市まで視察に行ってきたほうがいい。

ガソリン代と高層道路の料金だけでなく、生活に関わるあらゆる料金が高騰する中、日本人は100円にさえシビアにならざるを得ない状況に立たされている。かといって、世界遺産でもないようなところに、いつまでも中国人やベトナム人が来てくれる保証はあるまい。

高山から白川郷に直進しても、ツアーは成り立つ。すなわち、冷静かつ客観的にみれば、奥飛騨温泉郷は「人に養ってもらっているような観光地」でしかない。もっと言えば、あかんだな駐車場から行けるのは、素晴らしい車中泊環境を有しているお隣の長野県にある上高地だ。

いずれ、当てになるのは、自由で人の少ない場所を好む、たぶん今締め出している人たちになることだろう。だが態度を改めたところで、手遅れになるまでに、もう「さほど時間があるとは思えない。あかんだな駐車場は、車中泊を禁止して、既に6年以上の歳月を経ている。

上高地キャンプ&トレッキングガイドに戻る

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅