有馬温泉の公共温泉 金の湯


金の湯は有馬温泉にある神戸市営の温泉入浴施設で、有馬の「元湯」とも呼ばれている。古くから当地にあった公衆浴場「有馬温泉会館」を改築し、2002年に開館した。姉妹施設には「銀の湯」がある。

金の湯

お湯は天神泉源(泉温96.2度)と有明泉源1号泉・2号泉(泉温82.4度)を混合した濃度の高い金泉で、強塩泉のため鉄分が酸化して赤茶色に濁っている。

浴室2

金泉は、地下約6キロのところにあるマントル上部の岩盤に封じ込まれた、およそ600万年前の太平洋の海水を起源にしている。

<参考>
有馬温泉  金泉の謎と起源

ただし、この日本有数の高張泉は、長湯をすると湯疲れを招きやすいので注意が必要だ。そのため、金の湯では10~50%加水して源泉掛け流しにしている。
液性は弱酸性で、殺菌効果があるため感染性皮膚疾患や慢性湿しんに効果があるほか、塩分が肌に薄い皮膜をつくるため、保湿効果が持続するという。また同じく保湿効果の高い「メタケイ酸」の含有量も136.9ミリグラムと多い。
ただしそのままお風呂から上がると、皮膚がヒリヒリするので、上がり湯を浴びてから服を着よう。

金の湯の足湯

玄関横には無料の足湯と飲泉場があり、こちらは42.3度の太閤泉源(ナトリウム塩化物泉)を引いている。この泉源は昭和41年に枯渇し廃止されたが、阪神・淡路大震災後に再び湧出したことでも知られている。

金の湯
住所:神戸市北区有馬町833
電話:078-904-0680
営業時間:午前8時~午後10時(最終入館は午後9時30分まで)・定休は第2火曜日(祝日営業、翌日休)及び1月1日
大人(中学生以上) 650円
  ※毎月第2水曜日はレディースデイ(対象:大人女性)、第4水曜日はシルバーデイ(対象:65歳以上、証明書要)で、対象者は入浴料金半額になる。

 

クルマで旅する有馬温泉の詳細ガイドはこちら。

有馬温泉

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道