長崎「軍艦島」の上手な見学方法


今、この記事をご覧いただいている人の多くは、既に「軍艦島がどういうところ」であるかは周知のことと思うが、その上手な見学方法について話す前に、初めてという人に免じて、どうか軽い「復習」にお付き合い願いたい。

軍艦島とは…

「軍艦島」は長崎港の南西約19kmの海上にある島の俗称で、正式名は「端島(はしま)」。幅160m、長さ480m。東京ドームのグラウンド約5個分という小さな島だが、江戸時代後期に石炭が発見され、明治23年からは三菱の手により、本格的な海底炭坑として良質な製鉄用原料炭を供給してきた。

防波堤がぐるりと島を囲み、高層アパートが立ち並ぶその外観は、当時三菱重工業長崎造船所で建造中だった日本海軍の戦艦「土佐」に似ているとされ、大正時代から「軍艦島」と呼ばれることになったようだ。

最盛期には5,200人もの人々が暮らし、日本初の鉄筋コンクリート造りの高層集合住宅をはじめ、小中学校、購買部、飲食店、映画館・娯楽施設、病院などの都市機能に加えて、いかにも三菱らしく当時の最先端技術で作られた電化製品が各家庭に配備されるなど、世界でも例を見ないような炭鉱都市としての栄華を誇った。ちなみに当時の人口密度は「日本一」。実に東京の9倍を超えていたそうだ。

だが、石炭から石油へと転換した国のエネルギー政策の煽りを受けて、昭和49年に無念の閉山。以降「無人島」となり、長らく放置されることになる。

廃墟が一転、世界文化遺産に!

ご承知の通り、「軍艦島」は2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素として世界文化遺産に登録された。

ただ「軍艦島」に関心を寄せる人の中には、「世界遺産」になったからというよりも、まるでマチュピチュのように「大繁栄から滅亡に近い道」を辿ったこの島の運命に、どこか惹かれるものを感じる人もあるだろう。

余談になるが、そもそも江戸時代後期の石炭と云えば、ペリーの黒船に端を発する軍艦、黒船・軍艦と云えば坂本龍馬、龍馬と云えば長崎・亀山社中と三菱の創業者・岩崎弥太郎… 「軍艦島」が長崎に作られ、巡り巡って三菱が引き受けることになったというのも、きっと何かの縁に違いない。

さて、ここから本題に入るとしよう。

軍艦島ツアーは2種類ある

2017年6月現在、軍艦島ツアーを行っているのは、認可を受けた「軍艦島クルーズ株式会社」・「やまさ海運株式会社」・「株式会社シーマン商会」・「株式会社ユニバーサルワーカーズ」の4社と、漁船の「第七ゑびす丸」の5件で、それぞれ1日2便ずつ、合計10便が軍艦島を往復している。4社は長崎港から、「第七ゑびす丸」のみ軍艦島に近い野母崎から出港する。

各ツアーに共通しているのは、軍艦島に着岸して規定の見学ルートを周る点だが、ツアー内容をよく見ると「上陸」と「上陸・周遊」の2つがある。

実は、世界遺産登録後の軍艦島は、上陸しても上のマップの赤いラインを往復し、第1・第2・第3広場でガイドさんの説明を聞くしかできない。ということは「ほとんどが見られない」に等しいわけだ。

そこで「島全体が見たい!」というリクエストに応えるべく、海上からの周遊ツアーが追加されたのだろう。周遊ツアーは4社全てが取り入れているが、中には「上陸」と「上陸・周遊コース」に分けている会社もある。

筆者が乗船したのは、軍艦島を「右回り」と「左回り」してくれる「やまさ海運株式会社」のマルベージャという船だが、実はこの「左右・両周り」がミソなのだ。

軍艦島の海域は晴れていても波が荒く、年間で100日ほどは上陸できない日があるという。つまりこのツアーは、上陸できる日でもクルージング中にデッキの上を「立って歩く」ことが難しく、そのうえ満席ともなれば人の頭が邪魔で反対側の景色はほとんど見えない。だが左右から周回すれば、どちらの席に座っていても「よく見えない」というリスクからは解放される。

ちなみに、行きに軍艦島がよく見えるのは進行方向に向かって「右側」の座席だ。しかしそこに座るには、まずチケット売り場に並んで、いち早く発券してもらい、今度は速やかに船の前で並んで乗船開始と同時に乗り込み、席を確保しなければならない。予約は乗船定員であることを保証してくれるだけで「指定席」ではない。

そこまでやるのは、よほどの人では?

それは大きな認識違い(笑)。「国民総ブロガー時代」の人気スポット観光は、もはやどこも「行列のできるラーメン店」めぐりだと思っていい。

やまさ海運株式会社のオフィシャルサイトはこちら。

5社の料金やサービスの比較を知りたい人は、今流行りの「おまとめサイト」でどうぞ。「軍艦島ツアー 比較」をコピーして、Googleの検索窓にペーストすれば、そういうページはいくらでも表示される。ただし、情報の質には格差がある(笑)。

ただ、ここまで筆者が書いてきた情報は皆無に等しい。
なぜなら、「おまとめサイトのライターさん」の多くは、写真は観光協会からいくらでもタダで借りられると思っているし、そもそもたった1.2万円の原稿料でそこまでやっていたら採算が合わない(笑)。いっぽう、写真はスマホで撮れる範囲でOKという人に、このサイトの情報は重すぎるはずだ。

というように… 書き手は既に「棲み分け」を意識した情報発信をしているので、読む側もそれを理解するほうが効率よく情報が収集できる。ちなみにこのサイトは「車中泊のクルマ旅」が前提なので、公共交通機関の話やお宿の情報は「全く期待できない」と思っていい(笑)。

PS

冒頭で、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」 の話に少し触れたが、実は長崎には「軍艦島」のほかに、旧グラバー邸など8つの構成要素がある。その中の「長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン」は見学不可なのだが、この船からはよく見える。

また、三菱長崎造船所の様子もよく見えるが、肝心の「第三船渠」は認識できなかった。

 これらは対岸にあるグラバー園からも見ることができるが、せっかく大枚をはたいて乗るのだから、クルージングの出だしから世界遺産見学を存分に楽しみたいものである。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする