道北の夏のお勧めビュースポット 「幌加内・そばの花展望台」


筆者がこの広大なそば畑を初めて目にしたのは2002年夏のことだった。

旭川から北に1時間ほど走った士別の近くにある幌加内(ほろかない)町に、「日本一のそば畑」があると聞き、朱鞠内湖(しゅまりないこ)から帰る途中に、この素晴らしい景観を当時のフィルムカメラに収めている。

もっとも… 当時はこんな見晴らしのいい展望台などは見当たらなかった。

通常、本州のそばはヒガンバナが咲く9月下旬から10月初旬頃に花を咲かせるが、北海道では7月下旬から8月中旬に花期を迎える。

実は8月中旬の北海道は、運悪く観光の「端境期」に当たっており、この時期に「旬」を迎える見どころは少ない。それはサラリーマンにとって、もっとも長期休暇が取りやすい時期が、夏の北海道の一番つまらない時期に合致することを意味している。

だからこそ、行先をよく吟味する必要があるわけだ。

そんな中で、富良野でラベンダーがピークを迎える頃から咲き始め、北竜町のひまわりが満開になってもまだ、その美観を維持している幌加内のそば畑の存在は大きい。フォトグラファーの目線からも、ここは一度足を運んでみるだけの価値があるだろう。

スポンサードリンク

さて。幌加内町は、そばの作付面積・生産量ともに日本一を誇るだけあって、国道237号線の「道の駅・森と湖の里ほろかない」が建つ周辺には、まさに見渡す限りの「白いじゅうたん」が広がっている。

幌加内町の観光案内を見ると、そば畑のビューポイントは、この「そばの花展望台」を含めて4ヵ所紹介されており、いわゆるブロガーたちはそれを自分流にアレンジしながら詳しく紹介しているようだ。

だが、結論はどこを見てもほとんど同じ(笑)。

幌加内は美瑛のパッチワークの丘とは違い、景色そのものは変わらない。ひと月以上長期滞在する人には、それがいいのかもしれないが、2週間ほどで北海道を旅する人には、同類の情報に振り舞わされるよりも、ゆっくりクルマを走らせ、通行や農作業の邪魔にならない程度に、お気に入りのフォトスポットを探してみることをお勧めしたい。

今度は食べる話をしよう。

日本で蕎麦といえば信州を思い浮かべるかもしれないが、北海道は長野県の実に4倍以上、そして幌加内町単独でも長野県のそばの生産量を上回っている。信州がそば処と云われる所以は、写真のようにそばを麺にする「そば切り」を編み出したからに他ならない。

その技術が江戸時代の「国替え」で伝播し、有名になったのが「出雲そば」であり「出石そば」だ。

残念なことに… 筆者は幌加内の「お蕎麦屋さん」には未だ足を運べていない。それは偶然にも幌加内を通る時間帯が、店の営業時間や営業日と噛み合わないことが理由なのだが、いっぽうで筆者は「ソウルフード」と呼ばれるものに興味を抱いている。

北海道の人たちは、北の大地でとれる「極上素材」を家庭でどんなふうに食しているのか… できれば実際に自分もそれを真似て料理してみることで、紹介したいと思っている。

そこで目に留まったのが、写真の半生そば。

「生麺の風味」と「乾麺の保存性」を併せ持っており、いつでも美味しいそばが食べられることから人気が高いという。製造日から常温で2か月は保存可能ということなので、買っておいて旅の中で一度ご賞味してみてはいかがだろう。

最後に。そばは歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理だが、その国内収穫量は32,000t(平成23年度)で、なんと国内自給率は20%強という低さだとか。

各地に行列店がたくさんあり、鉄道駅や高速道路のSA、さらにはショッピングセンターのフードコートでも、おそばを置いてないところはほとんどない。ゆえに白米同様、その大半が国産と思っていただけにこの話には驚いた。頑張って、日本のおそばを食べなくっちゃね。

さきほどの半生そばは道の駅、乾麺は道内のスーパーで手に入る。

なお、道の駅・森と湖の里ほろかないは温泉併設で車中泊も可能だ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする