車中泊的見地から見る、「日本三大美人の湯」と「日本三大美肌の湯」


全国各地の温泉地を周ってみて、つくづく思うのは、温泉の人気は「キャッチフレーズ(宣伝広告)」しだい…ということだ。

現存する温泉地の大半は、過去を辿るといずれも「湯治場」にたどり着くと思うのだが、それがどういう要因で今日の姿になってきたのか… 実は筆者には「泉質」よりも、はるかにそちらのほうに興味がある。

ご承知の方も多いと思うが、日本には「日本三大美人の湯」<川中温泉(群馬)・龍神温泉(和歌山)・湯の川温泉(島根)>と、「日本三大美肌の湯」<喜連川温泉(栃木県)・嬉野温泉(佐賀県)・斐乃上温泉(島根県)>と呼ばれる、いかにも女性を喜ばせるメジャーなグルーピングが存在する。

極端に云ってしまえば、その共通点は「弱アルカリ性」。Ph(ペーハー)と呼ばれる数値が8.5程度を示すお湯である。もちろん、そのような泉質の温泉地は日本中に山ほどあるし、温泉通しか知らないようなPh値が10を超える温泉も存在している。また、同様の効果があるとされるメタケイ酸をふんだんに含む温泉が、実はあなたの周りにあるかもしれない。

だが、一般人は泉質だけで「次の旅先」を選ぶわけじゃない。

利用する交通機関にかかわらず、「ねえ、次はどこに行こうか」という時の決め手となるのは、まず「行きたい気になるキャッチフレーズ(宣伝広告)」、次が「評判」、そして「雰囲気・風情」、その次に「泉質」、さらには「源泉かけ流し」という言葉が示す「お湯の純粋度と鮮度」あたりになるはずだ。中には「泉質」より先に、カニなどのグルメがランクインする人も、正直なところ少なくはあるまい。それが世にいう「温泉旅」の真情だと思う。

車中泊の場合は、そのうえに「居心地」、言い方を変えれば「歓迎度」が乗っかってくる。こちらがどんなに行きたくても、温泉地に「車中泊客はノーサンキュー」という態度をとられていたのでは行きようがない。電車やバスで来て温泉宿に泊まってくれる「お客様」との明快な違いはそこにある。

逆に我々の立場からすれば、「そこまで嫌われるくらいなら、あえて行く必要もない」わけだ。書いたように「美人の湯」や「美肌の湯」は、どこにだって湧いている。

その観点から見た「日本三大美人の湯」と「日本三大美肌の湯」が、いったいどういうところなのか…

貴方は、そこに興味はないですか?

「日本三大美人の湯」
●川中温泉(群馬)
●龍神温泉(和歌山)
●湯の川温泉(島根)

「日本三大美肌の湯」
●喜連川温泉(栃木県)
●嬉野温泉(佐賀県)
●斐乃上温泉(島根県)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする