那須のお勧め車中泊スポット RVパーク那須塩原エヅリン


筆者はこれまで何軒かのRVパークに泊まったことがある。しかし「泊まろうと思って行ってみたが…やめた」数のほうが圧倒的に多い(笑)。

理由はともかく、筆者は取材でも必ず一般客と同じように代金を支払って利用するのだが、「この料金でそのサービスと設備かいな」というようなところには、ビタ一円たりとも落としたくはない。

特に車中泊に対する知識が希薄な施設、たとえば駐車場に傾斜がある、たとえば電源の使用料金が1時間100円もするといったようなところがそれに該当するといえば、たぶんモニターの向こうで頷いてくれる人もいるのでは…(笑)。

2017年10月。この時は秋雨前線が日本列島の太平洋側に停滞したため、まさに「とことん雨に祟られた」取材となった。取材地を当初の南東北~北関東ではなく、晴れ間がなくても、なんとかできる日光と那須塩原温泉に切り替え、4日間電源なしで耐えたのだが、ついにサブバッテリーの電圧がリミットまでダウン。

そうなると、もはやクルマの中では仕事ができなくなる。

そこで塩原グリーンビレッジまで来て、フロントでサイトの空きと料金を確認し、電源サイトに入ろうかどうかと悩んだが、その前に電話で様子だけでも聞いてみよう。

そんなわけで電話をしたのが、半額に近い2500円で電源が使えて泊まれるRVパーク那須塩原エヅリンだった。

足を運ぶ決め手となったのは電話の応対だ。多少やりとりすれば、相手の車中泊習熟度というのは見えてくるものだが、エヅリンの女性は「素人」ではなかった。

奥に停まっているキャブコンは、エヅリンのオーナーである彼女の旦那様のクルマである。

エヅリンの本業はクルマ関連ではないが、自社の余った敷地を利用して2016年にRVパークを開設したという。話によると、オーナーはかなりの凝り性らしく、自らがキャンピングカーで旅をするだけあって、そのこだわりが施設のあちこちに散りばめられている。

例えば電源。通常は備え付けられた電源ボックスの中にあるコンセントに、クルマのコードをさすわけだが、ここは上記のような防水対策が施された長いコンセントコードが用意されている。そのメリットは、コンセント位置を気にすることなくクルマの配置が行えることだ。

コンセント側のコードが長いため、ユーザーは延長コードを使うことなく電源を得られる。我々はキャンプ場を利用するので、常に10メートルの延長コードを持参しているが、道の駅中心の人はそのような備えがない場合が多い。

ちなみに使用料金は1日500円。妥当な線だろう。

その他の設備は、水洗トイレ・シャワー・簡素ではあるが水場・そしてゴミ箱。全て屋外にあるので気兼ねなく使える。

そのうえ冷暖房が効いた事務所を、夜間の「談話室」として開放しているのだから驚きだ。リピーターが多いというのも頷ける。

だが、筆者がいちばん驚いたサービスは別にある。

なんと、この事務所では出張マッサージが受けられる。

オーナー夫婦・ご用達ということで、早々に筆者も施術を受けたが、平山氏の腕前は確かに「本物」。自宅にいるときは週一で、さらに旅先でも「りらくる」を探してマッサージに通う筆者も、すっかり彼のファンに陥ってしまった(笑)。

最後に立地について。「那須塩原」とついているが、実際は大田原にあるので塩原温泉まで20キロ近く離れているし、那須高原には高速道路を使うほうがいい。いっぽう「日本三大美肌の湯」のひとつに名前があがる喜連川温泉には30分ほど行ける。

RVパーク那須塩原エヅリン
☎0287-47-5671
〒329-2732 栃木県那須塩原市一区町281-191

詳細はこちらのサイトを参照

スポンサードリンク