熊野詣のルーツ。なにゆえに人々は、熊野の地を目指したのか…


ルーツは院政と平家物語で名高い白河院の御幸(ごこう)

熊野本宮の地に神様が祀られたのは、およそ2000年前、第10代崇神天皇の世といわれているが、後世に「蟻の熊野詣」と呼ばれた信仰行脚のムーブメントは、大河ドラマ「平清盛」でも、その絶大なる権力が描かれた白河院によってもたらされた。

白河院は若き日の苦節を乗り越え、院政後に平家を重用することで藤原摂関家を失脚させ、大きく時代を変えた人物だが、その9回にも及ぶ熊野御幸の背景には、動乱の中で私欲がうごめく現実への「厭世感」があったようだ。それが鳥羽上皇の21回、後白河上皇の34回、後鳥羽上皇の28回という熊野行幸に引き継がれ、やがて浄土信仰の広がりのもとで、武士や庶民へと波及した。

ちなみに、この時代の極楽浄土を現世に現したという遺構が今も東北に残されている。2011年に「平泉の文化遺産」として世界文化遺産に登録された構成要素のひとつ、毛越寺だ。ここもまた、藤原清衡の戦にまみれた厭世感から生まれたという。

室町時代以降は、上皇や貴族に代わって武士や庶民の参詣が盛んになる。背景にはそれまでの浄土信仰にかわって、上流階級の間で「悟りの開き」をよしとする禅宗の広まりがあったようだ。

その後、江戸時代に入り、紀州藩主徳川頼宣が熊野三山の復興に力を入れたことで、「蟻の熊野詣」はその最盛期を迎える。熊野信仰の御利益を説く、小栗判官を題材とした説教本「をぐり」が出版されたり、浄瑠璃として演じられたりしたのもこの頃である。

「蟻の熊野詣」が興味深く思える本当のワケ

熊野本宮大社の主神は、「老若男女・貴賎・浄不浄」を問わずに信仰を受け入れてくれるとされた家都美御子大神(けつみこのおおかみ)。人々は生きながら浄土に生まれ変わることを目指して、熊野古道を歩いたといわれている。

歴史が好きな人は、この時点でピン!ときたはずだ。

熊野本宮大社は神様を祀る「神社」であるにもかかわらず、訪れる人々はそこに仏教の教えに記された「極楽浄土」への転生を祈りにやってくる。

すなわち、「蟻の熊野詣」の影には「神仏習合」が存在する。

もともとの日本は神道の国で、森羅万象に見えない存在の力を感じ、それに畏怖と敬意を込めるために神社建て、祈り敬ってきた。いっぽうの仏道は、ご承知の通り奈良時代に日本に伝わってきた仏様の教えである。

ちなみに、それがこの国に根を生やすことになった立役者といえば、聖徳太子。蘇我馬子と手を組んで神道を推す物部氏を倒し、法隆寺を建立。以降積極的に仏の教えを広めていった。そして、その法隆寺もまた日本が誇る「世界文化遺産」のひとつである。

これまでの話で、「蟻の熊野詣」に仏教の影響が色濃くあったことが理解されたと思うが、基本的に日本の世界遺産を理解するには、それが輝いていた時代の背景を知ることが大事だ。

特に旅行者は、熊野本宮大社だけを深掘りするのではなく、関連するキーワードに着目するほうが知識の裾野が広がり、旅そのものが面白くなる。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする